莒光號、雨上がり

170617yamazato-shikano653.jpg
翌朝(6/17)、花蓮から自強号で玉里へ。2年ぶりに、計程車の黄先生の出迎えを受けて、台東発のDR2700回送列車を迎え撃つべく、いくつかの撮影ポイントを確認しながら、鹿野渓橋へ向かいました。昨年夏はシゴナナ運転時に台北までやってきたものの、台風で運転中止、玉里までの列車、ホテル、計程車、すべてキャンセルして、京急スネ夫だけ撮って帰る羽目になりました。

今回も、黄先生との再会を果たしたのはいいけれど、あいにくの雨模様です。鹿野に着く頃になって、やっと雨がほぼ上がり、背後の山にかかる雲も、ご覧のように、雰囲気盛り上げレベルになってくれました。DR2700回送まではあと1時間半くらいありますが、バイクに乗った台湾鉄路迷な皆さんがパラパラとやってきます。しかし、いちばん線路に近いところで待機しているのが我々です。若者はこれよりさらにサイドがち……日本と逆じゃないか(核爆)

荷物車を最後尾に併結した莒光號も、こうして健在でした。いまや日本ではまったく見られなくなった、長距離客車列車。それも昼行、荷物車付き。長い客車列車というだけで興奮気味のKさん、もう台湾にハマりそう、とか言ってます(笑) 「食事はどうするか」と黄先生が聞いてくれました。DR通過までの小一時間、鹿野の街まで出て、麺か飯、早餐で済ますことにいたしましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

復興号健在

170616ratou688.jpg
週末、台湾に行ってきました。今回の主目的は、台東線で運転されたDR2700のイベント列車だったのですが、居座り梅雨前線に祟られ、桜田カットはゼロ(泣)、まあ撮影時に雨がほとんど降らなかっただけでもいいよね、と納得するしかない結果に終わりました。しかし、今年の台湾行きは、2回続けて雨予報、何とか実際には曇り……亜熱帯の灼熱の太陽が恋しい今日この頃です。

金曜(6/16)、羽田発の青午前便で台北松山着。同行のKさんが初訪台だったこともあり、北廻線に復活した復興号を、大里の海沿いポイントへご案内する予定でしたが、雨であえなく断念。急ぎ、ネットで検索して探した羅東の進入駅撮りで妥協することにしました。しかし、南国の陽光が似合う水色客車、曇天で光が当たらなければ、魅力半減ですね。それも、長大12両編成だから、がっかりすること、この上ありません。。。

一度は定期運用が消滅しながらも、縦貫線、北廻線の両方で、週末を中心に運用が復活した、復興号。ましてや、花蓮からの一部区間では、以前からの団体列車も健在です。今回は雨の駅撮り1枚に終わってしまいましたが、次回はぜひ、好天時に桜田で戴きたいものです。近いうちのリベンジを期して、翌日のDR2700前回送撮影のため、花蓮駅前のホテルに入りました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

水鏡再挑戦ならず

170521kaisei3.jpg
で、都電7022号最終運用日、昼過ぎに入庫してしまったのを確認して、天気の良い方角に転戦を図りました。当初、企んでいた「カシオペア紀行」は埼玉午後曇り予報により断念、夕方まで晴れ予報が出ているのは、この日、VSE運用のLSE代走が行われている湘南小田原方面! 急ぎ、王子から京浜東北線で東京へ。そして新幹線で小田原へ向かいました。

駄菓子菓子! 開成の撮影地に着いてみると、徐々に雲が広がってきました。なおかつ、代走の変運用で、最も光線の素晴らしい17時台には、ロマンスカーは来ません(大○核爆) さらに、LSEどうしの交換を狙って行った、箱根登山線内では、遅延により交換駅の変更……昼の都電入庫からずっと、こんなにアンラッキーな一日も久しぶりだなあ、という○爆な結果に終わりました。

今夜のエントリーは、風が出てしまって綺麗な水鏡にならなかった、5月末の開成、17時台のLSEでお茶を濁すことにしたいと思います。ああ、結局、水鏡&夕方ベスト光線、撮れませんでした。来年こそは……と最早言えないのが、何とも残念です。今週末は台湾に行きます。先週の無念を、何とか取り返してきたいと祈念する今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

最後の鳳凰御召は?!

170603mitsumineguchi1.jpg
オヤジ&ジイサン鉄の間で、じわじわと人気が高まっている秩父C58363号機の鳳凰飾りですが、梅小路に保存されていた装備品がモチーフ、というのはほぼ間違いなさそうです。東海道本線電化前のC59108号機がその代表格で、梅小路開館後は、山口線へ行く前のC571号機にも幾たびか装着されていました。で、今や最も印象が強いのが、C581号機。北見で1527列車「大雪崩れ」や、流氷の海をバックに走っていた機関車です。なぜこのカマに?は、いまだに疑問ではあります。

再び、「御召列車100年」を紐解き、現役蒸機末期のお召機の写真を、検索かけて確認してみました。昭和48年南九州はC57・C56・C11ともデフ飾りなし。昭和47年新津C571号機はデフに菊のご紋章。そして昭和46年伯備線のD51838号機が、まったく別デザインの鳳凰で、おそらくこれが最後の「鳳凰御召」。その少し前の越美北線、舞鶴・小浜線、松浦線ともにデフ飾りなし。総じて、飾りが付くなら、鳳凰か菊のご紋章。付かないケースのほうが多かったような感じです。

地元・井倉洞に保存されているD51838号機は、近年イベントの折に、鳳凰飾りを含む御召装備をされていますね。たしか、当時のRF誌の表紙で、予備機と2両並んで、鳳凰飾りを付けた姿が披露されていたと記憶しています。井倉洞にも一度、行ってみたいと思うとともに、次回はD51838号機の鳳凰飾りをシゴハチに、、、などと妄想が広がる今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

サニーさんも、いいね!

170520nabari-akameguchi2.jpg
今週はやむを得ず、埋め草エントリー、続きます(大○核爆) 昨日(6/13)は、日帰りで名古屋出張でした。東海エリア晴れ予報に、出張鉄でスナックさん1カットと目論みましたが、昼過ぎに東京を出て、夕方の会合との間に撮影、はさすがに無理があり断念。5月某日好天時のサニーカーの桜田カットで、お茶を濁すことにしたいと思います。

スナックカーと同じようなフォルムながら、塗り分けの異なる、この12400系サニーカー。太陽サンサンなイメージのインテリアカラーから、こう呼ばれるようになったというのも、いい加減かつ昭和っぽくて、いいですなあ。スナックカーに比べると、圧倒的に少ない両数が送り出されて、今も活躍中ですが、こうして4両の最低単位で走ってくると、どことなく少数派の矜持を感じます。

それにしても、近鉄特急・夕方再出撃、なかなか果たせません。そうこうしているうちに、スナックさんやサニーさんの来る確率は、どんどん少なくなっていくのでしょう。懸案の四日市の居酒屋と合わせて、もっとも日の長い今の季節のうちに、何とか出撃を果たしたいと思う今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR