1975年12月、長野新製配置

180203kawaguchiko1.jpg
都留インターから高速を使うと、何と「ホリ快」より先に、河口湖に到着しました。とはいっても、どこか手前で撮るほどの余裕はなく、駅前のパーキングにクルマを停めて、構外の踏切に向かうとすぐに警報機が鳴り、ゆっくりとM51編成が姿を見せました。思惑どおり、面にほぼ日が当たっていて、停車、入換、留置と美しいツートンカラーを堪能させていただきました。

あらためてM51編成の履歴を検索かけてみると、この6輌編成、1975年12月の長野運転所新製配置。今の所属は豊田で、かつては「あさま」にも運用されていたのは当然ですが、ずっと中央東線と縁の深い電車なんですね。1975年12月といえば、言わずと知れた国鉄最終蒸機牽引旅客&貨物の走った時ですね。その時代に生まれた電車が、40数年後、最後の国鉄色としてカウントダウンを迎えた、とは文科系鉄のココロの琴線、震えまくりです。

相変わらず富士は見えず、空には雲が増えてきました。上り「ホリ快」まで、5時間少し。「こんなときでもないと、なかなか、わざわざ、撮らない」これまた3月に向けてカウントダウンに入った特急電車をターゲットに、来た道を大月方面に戻っていくことにいたします。しかし、アレがもうなくなる時代だとは、、、やっぱり今年もゲキドーの春が、もうそこまで来ています。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ホリ快、順光カーブ

180203akasaka-tsurushi8571M.jpg
翌週末の土曜日(2/3)、今度は富士の反対側、富士急行線に、いよいよ189系が秒読みに入った「ホリデー快速富士山」狙いで出動しました。目指すポイントは、最も光線が良好と言われる、2つのカーブのうちの1つ、都留市の市街地にある「高圧塔承知」(笑)のポイントです。ほぼ桜田順光と引きかえに、並び聳える高圧塔をはじめ、幾多の障害物をオッケーしてしまうという、日頃の自分にはあるまじき自爆ですが、今日は前日から積もった雪に七難隠していただきましょう。

あずさ色のM50編成は廃回団臨で長野へ到着後、あっさり、解体線に入ってしまったようです。残る国鉄色のM51と、グレードアップあずさ色のM52も、「ホリ快」や「快速富士山」に充当されるのは、3月中旬までとすでにリリースされています。ことに、国鉄電車特急の象徴ともいうべき、クリームと赤のツートンカラーを纏う最後の編成がカウントダウンに入ったというのは、ああ、今年もさよならの春が来るのだなあ、と万感の思いです。

前週の西湘側とちがって、この日の山梨側は、晴れときどきゲリラ雲で、富士山がほとんど顔を見せませんでした。さて、夕方の上り「ホリ快」まで、何をして過ごしましょうか、、、日帰り湯にでも入ってのんびり過ごす前に、終着河口湖の入換、留置を見に行くことにいたしました。午前中に間に合えば、構外の踏切側から面に光が当たった写真が撮れるはずです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

ジョイフルECの成田臨

180121ajiki-kobayashi9834M.jpg
名古屋から帰った翌日(1/21)、朝から富士山狙いでシブシンへ向かったものの、うっすらとしか見えず撃沈、秦野へ移動して丹沢狙いも、またまたうっすらでがっかり、、、で、決断しました。先週同様の成田臨への大移動(笑) それにしても、ナビが示す京葉道路~木下街道コースは失敗だったなあ。何とか15時過ぎの185系に間に合いましたが、ナビ通りに行くと所要時間増、いまだにこういうことがありますなあ。。。

前週までと違うのは、この日の成田臨は3本とも団臨扱い。185系に続いてやってきたのは、「宴」「華」と、2本のジョイフルECでした。はい、今までほとんど撮ったこと、ありません。まったく撮る気もありませんでした。それが、いきなりの成田臨フリーク復活となると、おお、こういうのも撮りましょう、種車は485系ですからね、となるから、いつもながらゲンキンなものです。相変わらず、ほんと、アマノジャクだなあ、オレ(爆)

道中、曇り空が広がる時間が多く、何度も帰ろうかと思いましたが、3本の成田臨の通過時には、前週末同様の素晴らしい夕方の光線となりました。どなたかのブログに、この光線でロクイチ+浪漫を撮りたかったなあ、との一節がありましたが、この「宴」、ゴールドラインが入ってるのもアクセントで、この色、なかなかエロいですなあ。この後の「華」も同様にエロエロ光線に照らされて通過、思わず始まった成田臨通いは、ちょっと意外なカタチでフィナーレを迎えたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

アジコバ、夕陽ストレート

180113ajiki-kobayashi9824M.jpg
昔から、午前中で帰ったり、夕方だけ出撃したりが多かったのですが、昼飯の後、ファミレスで散々粘って、夕方の上りを待ったこともありました。残念ながら、国道筋に出ても、あの頃のようにたくさんのファミレスはなく、今日は一人鉄ですから、話し相手もいません。ナビで日帰り温泉を検索すると、下総松崎駅近くの施設がヒット、そこでのんびり昼飯&風呂にいたしました。

そして夕方、15時過ぎから始まる成田臨ラッシュ、Pトップ時代によく通った安食~小林、通称アジコバ(笑)の「夕陽ストレート」で3本続けて撮影しました。ああ、いい光線だなあ、と思ってるうちにも、どんどん「エロエロ光線」度が高くなっていく様子は、PトップやPFを待った時代と変わりません。この写真は16時前、2本目の185系ですが、3本目の651系までしっかり太陽が保ってくれました。

それと、バックモニタを確認しながら、初めて気づいたのですが、185系にはすでにシングルアームになった編成があるのですね。そりゃあ、すでに何年か前に、青函のED79だってチョンマゲパンタになった時代です。ああ、「踊り子」撮りに行っても、デカパンが来るのかどうかはもうわからないのだなあ、と185系撤退近し、の覚悟を新たにしたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

タキシードボディの成田臨

180113shimousamanzaki-nari9.jpg
次週末の土曜日(1/13)も、我孫子口では3往復の成田臨が運転されました。宇都宮からの185系「早春成田初詣号」、前橋からの185系「成田山初詣ぐんま号」、そして富岡からの651系「成田山初詣常磐号」。昔なら、PF12系、Pトップ12系、パーイチ12系ってところでしょうか。で、ちょっと驚いたのですが、今は団臨ではなく、多客臨で設定されているのですね。

この日は昼前に成田に着く下り列車から撮影開始、まずは成田手前のインカーブを選びました。昔はよく、上野へ向かうゴハチの回送列車を撮ってから、ここへ戻ってきて、PFやパーイチを撮ったりしました。ゴハチ時代が終わると、この順光インカーブは、Pトップ12系のメイン撮影地となりました。165系モントレー色とか、珍しいところでは長躯、東海の65一般がやってきたこともありました。

185系が2本続いた後、この日のトリを務めたのは、かつての「タキシードボディのすごいヤツ」、「スーパーひたち」からの引退後、常磐線では普通列車&波動用となった651系でした。ウン、単線区間を行く桜田タキシード、悪くないですなあ。立ち位置を選ぶのにも十分余裕がある程度の人出で、昔の成田臨の日々を思い出しながら、何とものんびりした、いい待ち時間でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR