ほろ酔う前に~桃谷

170923momodani1.jpg
すぐに京橋の居酒屋へ行くつもりだったのですが、ちょっと待て、それではほろ酔ってしまって、夜のカットを撮るのが億劫になります。前回の出撃時に201系で練習しておいた桃谷停車を押さえてから、後顧の憂いなく、居酒屋で溶けることにいたしましょう。赤い灯、青い灯、居酒屋の灯がともり始めた大阪市内、我慢するのは大変ですが、今日撮らねばもう撮れないかもしれない……やっとの思いで、LA4編成が一周してくるのを待ちました。

それにしても、撮りたかったなあ。最後にもう一度、午後遅くの外回りの桃谷進入。何度も撮ってはいるのですが、午前の大正、午後の桃谷。環状線の駅撮りと言えば、のアングルを反芻することなく、103系の最期を迎えることが、残念でなりません。駄菓子菓子! 顔面にスポットライトが当たるがごとく、オレンジの電車が夜のバラードを奏でる、このカットが撮れたのですから、良しとしましょう。

で、次の一周はほんとうに見送って、京橋の居酒屋のカウンターにいました。大阪のおばはんに冗談言うたら、ちゃんとボケと突っ込み、返ってきますわ(笑) 1週間前とは別の店でしたが、おんなじように、きずし食って、チューハイ飲んで。ああ、大阪の居酒屋は、ほんま、ええなあ。もう撮らんでもええ、という私を、Gさんがやっと止めてくれて、大阪駅へ。幸い、サンダーバードやこうのとりにカブられることなく、夜のバラードをもう1回。ほろ酔いと泥酔の真ん中ぐらいの深い状態で、何とか、新大阪からの最終のぞみに飛び乗ったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

夕暮れの並び~玉造慕情

170923tamatsukuri2.jpg
いつかやらねば、と思っていたのですよ、このアングル。玉造のハリボテ103系と、本物の103系の並び。もうあと数日で撮れません。この日(9/23)は午前中に所用を済ませて、14時過ぎの大阪入り。まずはこのアングルの昼間バージョンを撮ってから、数か所移動して撮影、日が暮れていくのを待ちました。予報に反してのドン曇り時々ごくわずかの晴れ間、想定していた夕陽ギラリ顔面カットは夢のまた夢と終りました。

途中で合流したGさんと「2階の保育園、夜やってないだろうから電気点かないのか」「いや、夜間保育をやってるかも」と侃々諤々で現地到着。保育園はやってないようでしたが、ご覧の通りのベランダ照明で、心配は杞憂に終わりました。それにしても、環状線沿いの遊休地?を利用したこの複合施設を103系のデザインにするとは、凄いアイデアですね。ウン、たしかに201系だと半分以上黒で変な感じだし、環状線リニューアル計画が始まった3年前はまだ323系はできてない。やはり大阪環状線を長年支えてきた103系にするのが自然だったのでしょうね。

ISO6400でいけるかどうか、ちょうどいい感じで暗くなったところで、終日外回り運用に入っていたLA4編成のモーター音が背後に聞こえました。ここでもまた、邪道・後追い(笑)、慎重に8両目まで両数をカウントして、連写に入ります。幸い、手前の道路のクルマにカブられることもなく、どこかほのぼのとした1枚になりました。さて次の狙いは完璧に暗くなってからの夜カット。次の1周は見送って、京橋の居酒屋でひと休みすることにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

森バック~地平の理由

170922osakajokoen1.jpg
大阪駅の夜に続いて、ぜひ最後の103系で押さえたかったのが、大阪城公園の森バック。この日(9/22)は晴れ予報が出ていたこともあって、急な所用にカメラ持参の突撃でしたが、見事に曇られました。ま、架線の影や前面窓への影がほとんどなく撮れたので、いいでしょう(笑) 対向の201系のカブリも回避、偶然、ちょうどいい感じで後ろ姿を見せてくれました。

1980年代に設置された大阪城公園駅を挟んだこの区間、大阪環状線唯一の地上区間になっているのが、かねてより不思議に思っていました。で、初めてウィキって調べてみると、もと大阪砲兵工廠などの軍事施設があって、高架から「のぞき見されない」ための地平区間とか。環状線の線路を挟んで、森ノ宮の電車区の敷地も、もとは軍事施設で、いまだに不発弾が発掘される可能性もあるというから驚きです。

そして、無理やりこじつけの、1970年代、千駄ヶ谷、信濃町の森バック。吉祥寺や阿佐ヶ谷から緩行線で行って、サークルの友人たちと待ち合わせて神宮へ。当時は、早慶戦の前夜、飲めや歌えやで球場周辺にタムロするのが、いわゆるひとつのイベントでした。今考えたら、バカなことやってたよなあ。深夜早朝まで、先輩たちに気持ち悪いほど飲まされたこととともに、翌朝の女子チームの差し入れのおにぎりの味を、ほんわりと思い出す、40年後の秋です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

大阪駅環状1・2番

170921osaka1.jpg
京橋での回送入庫シーンで撮るのは最後かも、と思った大阪環状線最後の103系、近モリLA4編成ですが、例によって、始まりました。アマノジャクなラストスパート(笑) 急な所用もあったのですが、その後、2度の大阪行き。 はい、いろいろ撮ってます。まだ、撮り足りない。ついでに、京橋の居酒屋も飲み足りない(爆) 我ながら、この期に及んで、やっぱりやるかって感じです。

まず撮っておきたかったのが、大阪駅環状外回りホームの夜景でした。今みたいな大連絡橋ができるずっと前、現在の1・2番線は環状1番、環状2番で、京都から快速や新快速で到着して地下道でホームを移ると、外回りだと一番前、内回りだと一番後ろになるのが常でした。いつ乗り換えようとするときも、東海道快速ホームの何倍もごった返していて、子供の頃は怖いぐらいだったのを思い出します。当時は101系、いやその前の73系か何かだったのか。。。

そして、高運転台の103系を夜見ると、思い出すのは、大学に入りたての70年代半ば、夜遅くなって緩行線にやってくる西トタの103系です。特に夏はクーラーが付いていて、これが来るとうれしかったなあ。考えてみれば、そんな思い出話を40年後にしているのですから、103系の長命ぶり、、以て瞑すべし、であります。10月3日までのカウントダウン、しかと見届けようでは有馬温泉! しかし、ほんま、なんでやねん(核爆)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

台風一過、夏富士

170918mitsutouge-kotobuki95.jpg
台風一過のこの日(9/18)、三つ峠へ向かう道中、富士山がくっきりと姿を見せていました。雪をまったくかぶっていない、夏の富士山をこんなにクリアに見たのは、初めてでした。台風直後に残った強い風が、雲を飛ばしてくれているのでしょう。駄菓子菓子、189系が続行で来る10時過ぎにはもう靄っているかも……心配は尽きませんでしたが、M50の「ホリ快」撮影段階でまだしっかり見えていたので、次のM51「山梨富士3号」は、富士山バックの超有名ポイントへの移動を決断しました。

もちろん、邪道・後追いです(笑) でも、今日のこの夏富士と国鉄色、このアングルで撮らないわけにはまいりません。邪道の中の邪道、邪道の白眉です(爆) 10時半過ぎですから、太陽もサイドでもずいぶん後ろのほうに回ってしまいましたが、まだこれだけ当たっていたら、いいでしょう。珍しくクリアな夏富士と国鉄色の組み合わせに感動のうちに、後追いで慎重に輌数を数えながら、連写しました。

三連休最終日です。これ撮れたのだから、渋滞しないうちに帰りましょう、、、と、中央道もスムーズに帰ったところまではよかったのですが、夕方の晴れ写真も撮りたいなあ、と思ったのが運のつき、せめて青ガエルにしておけばよかったものの、ふらふらとたどり着いたのは、小田急線開成16時。結果、クルクモルで「行かなかったことに」(核爆) ジェットコースターのような秋の鉄日和の一日でしたとさ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR