大鳥居のピーコック 「鉄道(27069)」

といっても、デパート系のスーパーマーケットではありません(笑)……いかんいかん、ワンダフユ以来、オヤジギャグの世界に浸ったのか自分(爆)、、、新馬場に続いて、大鳥居も初めて降りる駅で、考えてみれば都内社線のはまだ一度も降りたこともない駅がたくさんあるなあ、と次の大人の休日の過ごし方に思いを馳せます。

幹線道路を渡って一歩通行の抜け道を数分歩いたところに、萩中交通公園があって、日曜日の子供たちの歓声が上がっています。そんなに広くない、公園の奥まですぐに達すると、東武のピーコック34号機が、わずかに残った西日にいくつかのパーツを照らされていました。

ふと思ったのですが、まだ国鉄蒸機の保存車も少ない昭和40年代前半、西武と東武の貴重な蒸機がなぜ、直接の所縁もない品川区内の公園に相次いで保存されたのでしょうか? これは、おかしいですよね、う~ん、きっと何か理由がある……当時の品川区長か、区や教育委員会の幹部に鉄がいた、そう思わざるをえません?!(爆)

閑話休題。平成になってから改修を受けたこのピーコック、なかなかの保存状態で今に姿を伝えていますが、この日もこれ1枚撮るのに20分以上かかるほど、キャブはおろか、煙突やテンダの上まで自由自在に走り回る子供たちのワンダーランドとなっていました。それはそれで幸せな機関車だなあ、と思いつつ、彼らがキャブの屋根からテンダへ次々と飛び降りるときのバンッ!という音には、思わず耳を塞ぎたくなるのでした。

コメントの投稿

非公開コメント

萩中交通公園

ピーコックの裏側にいる移動機も残存がほとんどないタイプらしいです。
以前は都電7500もいたのですが数年前に撤去されましたが、レールや敷石などは残っていませんでしたか?
東京周辺には東武、西武(西武系の上武鉄道から)の古典機が数両いますが、「SLブーム」が加熱する以前の1960年代に保存されたものです。
当時は国鉄から行政への機関車の無償貸与はあまり例がなく、(国鉄もお役所なので前例がないことはしなかったようです)それで保存された機関車は私鉄、専用線のものが多かったようです。
行政側にも鉄道側にも明治期の機関車を残そうと奔走された方々がいらっしゃたのでしょうね。
品川、蒲田という鉄道発祥の地の沿線に明治期の機関車が今日も見られるのは色々な偶然もあったのでしょうが意義のあることと思います。

Re:大鳥居のピーコック(12/11)

保存機関車で子供たちが遊ぶのは、それはそれで幸せな機関車だと私も思います。しかし、この前、出張で石川県松任に行った時、駅前に保存しているD51822のテンダーで、たむろしていた高校生数名が、コンビニで買った食料品の残飯を、そのままにして立ち去るのを目の当たりにして、少し複雑な心境になりました。

Re:萩中交通公園(12/11)

TADAさん
ありがとうございます。国鉄から地方自治体への無償貸与はSLブームの前にはほとんどなかったのですね。それにしても、品川区の関係者で、かなりの努力をされた方が、おそらくおられるのでは、と思います。おっしゃるとおり、品川に近いところにこうした古典機が保存されている意義は大きいですね。品川区は国鉄住宅なども多くあり、区としても鉄道に親和性がもともとかなりあったのでしょうね。
somtamさん
そうなんですよね、自由に乗ったりできるのはいいのですが、時々いたたまれなくなるときがあります。と同時に、保守管理される側のご苦労を考えると、う~ん、と唸ってしまうときがけっこうあります。

遊び場

ご無沙汰しております、萩中公園に来られたんですね、私の地元で、この機関車は小さい頃の遊び場の1つでした、昔はフェンスに囲われて、もっと汚かったですが、今はフェンスも撤去されて、昔よりも生き生きとした感じになっていると思います、都電が解体されたのは残念でしたが、昔からの遊び場でしたので、ついコメントしてしまいました、いつまでもこの場所で子供達の思い出を作ってくれることを願っています。

Re:遊び場(12/11)

M30haruさん
ご無沙汰しています。ブログ拝見すると、前ほど出動されてないのかな、お忙しそうですね。
そうですか、地元でしたか。この公園で遊ぶ子どもたちは、ほんとうにこの機関車になじんだ表情をしていました。管理者側の保守はほんとうにご苦労さまだと思いますが、いつまでも、こういう愛され方をすれば、それは素晴らしいことだと思います。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR