ぐるり新潟日帰り旅 「鉄道(27069)」

やまぐちで綺麗な夕方の斜光線をみると、磐西も今頃は色づき始めていいだろうなあ、と思うのがシゴナナフリークの常というもの。それに週末は国鉄色キハ4連の「ぐるり磐西・只見号」も走るし、頸城からは何とナロー動態運転にニュースが、、、

昨日の日曜、新潟の晴れ予報に魅入られたように、そのすべてを撮り回ってしまおうという贅沢な日帰りツアーを計画、朝イチのとき301号で車中爆睡のあと、新潟でレンタカーを借りて、まずはすでに磐西非電化区間を先行している「ぐるり~」を追うように、磐越道を東に向かいました。

キハ52に28・58の4輌編成。一昔前の国鉄ローカル線そのままのイメージが甦る、好ましい編成です。もっとも、現役蒸機の時代は28・58は急行ですから、国鉄末期の、まだ地方地方による塗色変更が始まる前あたりの時代ですね。ディスカバージャパンというよりは、チャレンジ2万キロってところですか(笑)

久しぶりの磐西は、目当てのポイントに、線路端の草々が繁茂していて思うようにいかず、追いかけた電化区間でやっとまずまずのシチサンアングルにありつきました。ほんとうはポールのないところで決めたかったのですが、架線下をほのかな排気煙をあげて快走するその姿も、それはそれで、国鉄末期の香りが色濃く漂っていました。



コメントの投稿

非公開コメント

Re:ぐるり新潟日帰り旅(10/26)

一昔前、どこにでもあった風景で、懐かしさを感じます。キハ58が急行でしたから、今では考えられませんね。昨日、紀州鉄道のキハ603の静かな最後の姿を見届けて来ました。

Re:ぐるり新潟日帰り旅(10/26)

この光景…かつて全国の国鉄線上であまりにも当たり前に見られた光景でした。近所でも山口線・岩徳線・岩日線・美祢線はキハの天下でした(非電化ですから電気車は走れません。山陰本線は客レの勢力が拮抗していました)。各系列ごちゃ混ぜの気動車編成はしかし、当たり外れもありました(^^);キハ26-400が入っていれば大当たり、キハ58・28・65の冷房車も福音でしたが、それらを期待してるとキハ35やキハ10系が来たりして=それはそれでまた一興ですが=がっかり…なんてこともありました。あの頃は当たり前過ぎたこの光景が今や懐かしく貴重に見えるのが嬉しいようなちょっとだけ皮肉なような…

出来ることならこの編成を動態保存していただいて、昭和時代の映画やTVドラマに一役買ってほしいとさえ思ってしまいました(^^);

この光景

いいですねぇ。
急行型と普通型の併結。
福知山を中心とした丹後地域では、落日の26系急行型と普通型との併結はよくありましたし。
夏の、丹後ビーチ+若狭ビーチは、なぜか若狭ビーチがキハ20だったか25だったかで、こんな編成で走ってました。
うれしい写真です。

Re:ぐるり新潟日帰り旅(10/26)

とても綺麗な編成ですね。

Re:ぐるり新潟日帰り旅(10/26)

somtamさん
ほんとうにどこにでもあったこの風景、驚くほどわずかしか記録していません(泣)とくにカラーはゼロに等しい、、、御坊、いらっしゃったのですね。静かなお別れで、いい雰囲気を楽しまれたのでしょうね。当方は結局、行かずじまいでした。。。
青列車さん
ご指摘のように、冷房車にあたるかあたらないかも、あの当時はポイントでしたね。それでいて、屋根のクーラーが撮影時には邪魔だなあと勝手なことを思ったり(笑)このような国鉄色復活は各JRに最近数あれど、みんな保存には結びつかず、あっけなく引退となるのは残念な限りですね。
枯れ鉄さん
おお!たしかに小浜線や宮津線は、こういう併結が多かったですね。丹後ビーチや若狭ビーチ、余ってる車輌の寄せ集めが子供心にもヘンな感じがしたのを、思い出しました。そういえば客車のはしだてビーチや丹後51号もお余りばかりでした。「音戸」の10系寝台の間合運用も懐かしいですなあ。。。
Traveler Kazuさん
はい、私もそう思います。次はいつ撮れるのか?と思うことしきりで、もう少し真面目に各地の国鉄色キハの運用を調べなければ、と思う今日この頃です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR