9月の青を追いかけて

氏家停車の間に先回りして、前回と同じ蒲須坂先の鉄橋で、PF+ハネを待ち構えることにしました。農道にレンタカーを止めて、いつも鉄が集まる堤防のところへ向かおうとしたとき、手前に画面を大きくとった先客がいらっしゃるのに気がつきました。

声をかけると、やはり、稲穂の実った田圃を手前に大きくとりこんだファインダーを考えておられるようです。最初は、あ~あ、いつものシチサンアングルが撮れないのかと少々ガッカリしましたが、ふとサイドのアングルに考えを変えてみると、そこには、おそらく青い編成に似合いそうな、青い空と白い雲、そして稲穂の黄緑が広がっていました。

Traveler Kazuさんから、秀逸なコメントをいただきました。PF+24系ハネの、端正な青。さすが、PFブルトレの絵本で育った年代の方の、愛惜溢れるオマージュですね。今思い出してみると、この控えめな気品は、65Pにも66にもない、PF独自の味わいだったと思います。

おいおい、何だか今日は空と雲の写真ばかりじゃないか、、、心地良い自嘲とともに、上り列車が来るまでの時間、この辺りの木造駅舎をスナップするために、クルマを北に走らせました。

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり

この彩が落ち着きますわ(笑)

やばい・・・

PFが好きになりそうです(核爆)

Re:9月の青を追いかけて(09/17)

24系以降のブルトレの鮮やかな青よりも直流標準色の青の方が若干濃いのですが、この微妙な差が、PFブルトレの色の印象を強くしているのかもしれませんね。
20系の青色は直流標準色の色の濃さに近く、そちらは逆に平凡な印象になってしまったような気がします。
EF66は外見、牽引力ともパワフルでしたが、ブルトレのスマートさにはあまり似合わなかったかな?
しかし、どちらも結局、実物を見ることはなく終わってしまい、残念です。

Re:9月の青を追いかけて(09/17)

EF65PFと原型25型(厳密には500番台のようですが)の組み合わせは、かつての関西ブルトレを彷彿とさせてくれますね。もっとも、関西ブルトレだと寧ろホースが増えたEF58のイメージが強いのですが…(^^);
ついこの間まで当たり前にみられたこの光景が最早我が地元では見られないのが何とも寂しく、無念であります。素晴らしい画像をありがとうございます。

Re:9月の青を~(09/17)

枯れ鉄さん
青空のせいもあると思いますが、ほんとうに自然な印象ですね。そういえばPFの登場当初、一部の関西ブルトレに、九州ブルトレより早く投入され、ガキの頃の僕らには新鮮でしたね~
JZX81さん
はい、私なんぞ最近は電ガマのなかで、青PFがいちばん好きです(笑)公言するのは、今日が初めてですが(爆)
Traveler Kazuさん
たしかに、ご指摘のように若干の青の濃さの違いが、この端正な雰囲気を醸し出してるのでしょうね。もうひとつ言えば、PFの青は、近年、秋田車セで直流標準色より少し濃い「土崎色」に塗り替えられているので、さらに印象が変わってきているのかもしれませんね。
青列車さん
上のコメントでも触れましたが、PFブルトレの歴史は関西ブルトレから始まっていますね。この風景、山陽路だけでなく、関東圏でも、こうして臨時を狙ってわざわざ行かなければ見られません。国鉄末期に幕を閉じた東海道PFブルトレの時代、もっともっと再評価されていいと思います。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR