ステンレス、夕陽に輝く

171009miyazakidai1.jpg
この日(10/9)、三度目の押上ターンから8606Fが二子玉川に帰ってくるのは、ちょうど16時。家影ビル影が思いきり伸びてくる時間帯ですが、太陽の沈む行く手にほとんどゲリラ雲もなく、夕陽に輝くステンレス!の可能性に賭けてみることにしました。最初に行った二子新地では300mmでは足りないことがわかって断念、次にロケハンした宮崎台にて、先客の少年の肩ごしに待機に入りました。

最初、70-200mmズームでオーソドックスに構えていたのですが、あっという間に手前のビル影が伸びてきました。急いで300mmに付け替えますが、これ以上は無理です、レンズもアダプタも持ってない(笑) それからのわずか数分の長いこと! やがて、一部では「うるさい」とまで言われる昭和の電車でもトップクラスのモーター音を響かせて迫ってきた8606Fのカッコいいこと!

東急8500系のデビューから40年、考えてみれば、自分のサラリーマン生活とほぼ同じ年月を、この電車は疾走してきたことになります。来年、後継車両が入り始めたら、あっという間にその数を減じていくのでしょう。二子新地に戻って、モケー鉄の集う中華料理屋でも行こうかと思いましたが、今日は女神祭りの最終日、自由が丘の馴染みの店に顔を出して、秋祭りの夜に溶けてしまうことにいたしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR