DMU、クルハレル

170803shwebo-dmu2.jpg
イエウーを発車してすぐに長い川を渡ったDMU編成は、平坦地帯をしばらく走った後、キンウーでスイッチバックして、シュウェボーへの本線に合流します。その平坦地帯に2か所の踏切があり、2か所目では、ちょうど2両ユニット分が木と木の間に顔を出すという絶妙のフレーミングになりそうです。しかも、ほぼ桜田! はい、今回はクルハレル、ご覧のように頂戴いたしました。

こうして見ると、前面窓の曲線が、順光に照らされて、いい感じです。今年春のカレイミョでは、いきなりピカピカに再塗装されたLRBE編成を撮影しましたが、このDMU302、トリコロールカラーがいい感じにくたびれています。でも、これ、いきなり再塗装されたら、、、それはそれで、見てみたい気がします(笑) RBEによくある、小湊色になったりして(爆)

あと、前面窓にシール?で貼られた「Myanmar Railways」の筆記体ロゴも、なかなかです。中国は樺南かどこかのレールバスで見た「一路平安」のシールを思い出します。もうひとつ、車番表記のロゴも、ヘンにモダンです(笑) そのあたりが、こう見えても今世紀生まれの車両なんだな、と妙に納得したのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR