トリコロールカラーのレールバス!

170803shwebo-dmu1.jpg
マダウ線やカレイミョと同じパターンで、ここのDMU列車も、前日昼にシュウェボーを出発し、終着のティンテインヤンに停泊ののち翌早朝に折り返して、シュウェボーに戻ってきます。途中のイエウーあたりから走行撮影可能時間帯に入ると考えて、朝5時にホテルを出発、6時過ぎの通過を想定していたら、ここでもダイヤ改正かダイヤがいい加減か(笑)、踏切付近の人々に聞くと、「7時頃通る」、、、ま、待ちましょう。

LRBEの発展形(?!)レールバスといわれるDMU、ご覧のようなトリコロールカラーが、LRBEよりは断然、現代的な雰囲気です。前面窓のデザインも同様で、あまり渋くはないのかな、と見る前は思ってましたが、実際はこうしてなかなか渋い(笑) 車輪にゴムタイヤは使われておらず、運転台を背中合わせにした2両ユニットが基本、などというのがLRBEとの相違点のようですが、どこで線引きするのかは、やっぱり、よくわかりま温泉(核爆)

それにしても、これ、21世紀になってから造られたというから、面白いですね。で、その後の急速な近代化で、今やここシュウェボー~ティンテインヤンのみが定期運用路線とか。LRBEとはまた違った、メルヘントレイン感がたまりません。次の街、キンウーまで、いくつかクロス(踏切)があるようです。例によってグーグルマップ頼りに、ジャパニーズ・オッカケ、スタート!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR