津和野転車台今昔

170726tsuwano2.jpg
前週と同じく、朝の上下列車をやり過ごして、デゴイチの転向作業が始まりました。晴れていれば、「ありえない光線」で撮りたかったところですが、今日は光線関係ないので、まずオーソドックスに、転車台上の姿を標準レンズで押さえることにしました。いやあ、それにしても、しっくりくるなあ。シゴナナより自然な感じさえするから、不思議なものです。

それもそのはず、昔はここに木造の扇形庫があって、私が1974年3月に訪れたときには、保存の決まった194号機がまだ庫内に留置されていました。そうか、デゴイチがこの転車台に乗るのは、194号機を引き出すとき以来なんだな。その時は山の中腹まで輸送されて保存、今は津和野駅前に静かにたたずむ194号機。いきなりやってきた200号機の姿に、目を丸くしているのかもしれませんね。

そういえば、排煙設備の横の木造の乗務員詰所は、当時のままの建物のように思います。ああいうストラクチャーも、すっかりなくなってしまったなあ。帰ってきたデゴイチを迎える、転車台のまわりには、いつしか40数年前の空気が漂っていて、定位置に停まって整備が始まった後も、しばらくその余韻を楽しんでいたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR