山里、桜田、夏の朝

170702taito-yamazato4667.jpg
今夏の「仲夏寶島号」は、昨年同様、土日片道ずつの運転で、我々も黄先生と一緒に玉里へ戻って、いつもの駅前旅社に宿をとりました。晩飯&晩酌も、2週間前と同じ小屹の店へ、K谷、K島両氏をご案内し、いい気分でほろ酔い、静かにふけ往く玉里の夜、となりました。夜21時、大阪からのSさんが合流、翌日は計程車2台で追っかけることになりました。

翌朝(7/2)、前日とは逆に、山里停車の前から撮影スタートとなります。ダブルK氏が選んだ、椰子の木がらみのアングルも捨てがたかったのですが、トンネル出口のカーブのカブリツキに群がる鉄の山発見、光線はほぼ桜田、これは……と近づいていくと、何とか先客鉄路迷の肩越しにアングル確保、身振りで肩越しにカメラを構え、カタコト英語でお礼を言って、待機に入りました。

この段階では、空にゲリラ雲もほとんどなく、トンネル内で空転を繰り返す音が緊張感を盛り上げてくれた後、黒煙とともに、トンネル飛び出しに女王登場、煙はその後やや薄くなりましたが、このアングル、この光線で撮れれば、もう満足です。クルクモル⇔クルハレルに悩まされ続けた前日の憂さを、やっと晴らすことができたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

玉里

こんばんは。

今回の玉里行き、お世話になりました。

いつも同行する妻も、大変、喜んでいましたよ。

あの後、本運転2発、回送2発をゲットしました。

今度は、ぜひ、宴会タイムに間に合いたいです。

台北で、汐止行きは、時間的に無理で、

またの機会になりました。

それにしても、鹿野渓橋の爆煙には、驚きました。(笑)

Re: 玉里

somtamさん
台湾シゴナナ、お疲れさまでした!
今回は短い時間の合流で残念でした。
玉里の夜も、時間差で同じ店(笑)
次回ぜひ、城ホールのキミアル後に飲みましょう!
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR