鳳凰飾り

170603ooasou.jpg
門デフやJNRマークの記憶も新しい、秩父のC58363号機に、今度は御召装備を思わせる鳳凰飾りが付いたと聞いて、土曜日(6/3)、お気軽電車鉄で行ってきました。品川から上野東京ラインで熊谷まで寝て行って、駅から近いところなら、上下2発ずつ。電車追っかけでこれが可能なのは以前と変わらず、ほぼ門デフやJNRマーク撮影時をトレースする形で、取り急ぎ記録して来たってところです。

C58のデフの鳳凰飾りというと、まず浮かぶのが梅小路のC581号機ですが、あれは同機が梅小路の保存品を装着しているだけで、現役当時とは何の所縁もないはずです。ガキ鉄の時代のRF誌で津山線か姫新線かどこかの写真を見た記憶がありますが、実際はどこだったのか、さすがによくわかりま温泉(核爆) あ、そうそう、御召仕業の後、さよなら列車を牽いた小浜線の171号機の写真は撮っていますが、停まってる真っ正面だけで、デフのサイドはまったく写していないところを見ると、鳳凰は付いていなかったのでしょうか。。。

閑話休題。すでに巷間言われているように、点検窓のおかげで若干窮屈な印象がする鳳凰飾り、門デフのように「飛翔」というイメージにはなりません。それでもまあ、最初はローアングルで撮ってみようと、中腰でアングルを選びました。後でモニタで確認すると、連結器などの銀挿しと相まって、思ってたより、いい感じです。それにしても、もう少し煙が出てればなあ……というのは言いっこなしで、煙のない夏の蒸機に、こうした趣向が加わったことをヨロコビとしようでは有馬温泉! 


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR