緬鉄1年、乾季から夏季へ

170320waiebargie5.jpg
15時半を過ぎ、徐々に木の影が伸び始めるとともに、美しい西日が、環状線を行くRBEたちに当たり始めました。空港へすぐ戻れることを考えて、WaiBarGee付近でポイントを探して、あと2本のジャパニーズ・キハを待ち構えました。17時過ぎ、ラストは久留里線からのキハ38。日没近くになり、ギラリ時間よりはかなり薄くなったとはいえ、まだまだ美しい夕陽の光です。それに限って、ラッピング車。まあ、いいか(核爆)

先週、ヤンゴンから一時帰国された落花生。さんを囲むミャンマー鉄の飲み会が、高田馬場のミャンマーレストランで開かれました。遅れて私が参加した頃には、皆さんのノリはすでに絶好調。マダウ、レパダン、サトワといった地名がごく普通に飛び交う中、次回訪緬時の夜の約束がなされるなど、ミャンマーのこの数年の経済発展さながらに、ああ、緬鉄いよいよ旬だなあ、いやまてよ、10数年前、中国鉄旬だなあと思ったけど、まああんなもんだったな、とほろ酔いに身をまかせていました。

3月中旬のミャンマーは、乾季が終わって夏季が始まる時期で、まだ雨はほとんど降りませんが、日中はすでに35度を超す暑さとなっていました。初めての訪緬が昨年のGWですから、まもなく1年になろうとしています。そうか、たしかに雨は降らなかったなあ、と、今回より40分以上、日が長くなる今年のGWへ向け、ココロは千々に乱れているのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR