ひとつ手前の踏切

170122gunmafujioka-tansho92.jpg
高崎を午前遅くに発車する、件の八高訓練、試9220レを待ち構える鉄は、丹荘手前の踏切に幾重にも折り重なって集結していました。その隙間に入れないことはなかったのですが、ふと見ると、ひとつ手前の踏切には、復路のための置き三脚が数本あるばかりで、これから来る往路列車を狙おうとする人はいません。前週、復路の後追いでアングルは確認していたので、激パを避けて、こちらで撮ることにしました。

とりあえず、夕方までの晴れ予報です。少なくとも、往路は大丈夫そうです。そうなると、昔に比べるとやや情弱気味な初老鉄(笑)、急にウヤになったりしないだろうかという心配で、旧友Tさんと顔を見合わせます。ツイッターで高崎発車を確認してやっとひと安心、その数十分後、おかげさまで、ほぼ不満のない桜田写真を、つつがなく撮らせていただきました。

駄菓子菓子!(またか、爆) やはり、激パポイントにはそれなりの理由があるもので、このひとつ手前の踏切で撮ったこの写真では、遠景の山々がまったく画面に入りません。あと、いいアクセントになるかと思った、短い鉄橋も、位置的にちょっと中途半端です。とは言って、自分にすぐできることではありませんが、子供連れの家族込みの情景写真に、寸前で切り替えたGさんの素早い動きを、ちょっと羨ましく思ったりしたのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れさまでした。とっさの判断ではなく、事前に話をしていたので折り込み済みの撮影でした。ただ、895が先頭と分かって、通過3分前まで悩んだのは確かです、笑。結局、狙いのWO様は、別のおばはんに妨害されてしまいましたので、ほぼ失敗に終わってます、難しいものです、大爆。

RE:八高訓練

Gさん
お疲れさまでした。
そうして今回のWO様関連のご苦労を伺うにつけても
大糸線キハ最末期のある日の、
蕎麦屋のWO様を思い出す今日この頃です(^^)/
プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR