再見、三道嶺

161231sandorei1.jpg
で、三道嶺雪景色の大晦日、新正月は専用線の列車運行には関係ないと思いきや、午後早い段階で炭鉱自体が操業停止、あとは東駅に戻っていく北駅からの列車を待ち構えるしか仕方ない状況と相成りました。晴れてはいるものの、天山山脈はまったく見えず、山バックアングルは去年のリベンジならず!と思うと、忸怩たる気持になります。

駄菓子菓子! はかなくも美しい夕陽の時間が、眼前に展開され始めたのです。 いやあ、これは想定外だったよなあ。おりしも、この日の最終列車となってしまった重車編成が、長い煙をたなびかせて、夕陽の方角へと走り去っていきます。2016年末、中国現役蒸機の大団円です。15年来の撮影の歴史を踏まえて、万感の思いで見送りましょう。

明けて新年、三道嶺の建設型蒸機は、旧正月以降、いつまで残るかどうか、いまだ諸説かまびすしく、年明けすぐに続いて、さらに草木もなびくツアーがいくつも追加設定されていると聞きます。私ももう一度、行きたいというのはもはや夢のまた夢、夕陽の彼方へ見送った最後の現役蒸機の後ろ姿を、何度も何度も思い出しては、ため息をついているのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR