冬の花火 2016

161230hanabi1.jpg
三道嶺に夕陽が沈む頃、お待ちかね、花火の時間がやってまいりました。わずか2年ほどの間に、すっかり三道嶺名物となった冬の花火というか、噴火というか……最近の流行りでいうと、望遠ナガダマ正面土管、なおかつ白煙と花火が見事に折り重なったのが「噴火」であり、激Vカット、というわけです。

撮影初日の日暮れ時は、私も300mmという短焦点(笑)ながら、正面土管位置に三脚を立てたのですが、翌日は少し遠めのアウトカーブのアングルを選択しました。あんまり煙と花火が重ならないほうが、風情があっていいのではないか、、、はい、あくまでも好みの問題ですが、ここでも、若者アングルを100パーセント肯定することはできなかったのでした。

結果、ここまで撮れれば、フルサイズ花火のデビュー戦としては、ま、いいでしょう。それにしても、機材さえ揃えれば、凄い写真が誰にでも撮れる時代になったものです。なおかつ、撮ったらすぐに確認ができる。しかし、今世紀初頭に比べて格段に進歩したデジタル機材とは反対に、手がかじかみ、上り坂に息切れする、我が身の体力の低下よ(笑) やっとの思いでクルマに戻り、ポケットのホッカイロを追加して、もう1カットに備えました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR