釧路へ

161016kushiroseisakusyo8722.jpg
飯山線試運転に先立つ週末は、久しぶりに釧路に行ってきました。簡易軌道の企画展示に関連して開催されたバス見学会の1回目に幸運にも当選、鶴居・標茶の廃線跡を解説付きで巡るという、素晴らしい日帰りツアーに参加してきました。続けて来月行われる、浜中・別海の回に落選したのは、浜中の現役時代を辛うじて見ているだけに、残念至極ではありますが(笑)

前夜入りした釧路の居酒屋でメンメとザンギに舌鼓を打って、博物館の集合前に、かねてから一度見たかった保存機を見てきました。雄別鉄道の8722号機、あの広田さんのカラーブックス「蒸気機関車」に、モノクロの写真が載っていて、ハチロクよりも機番はあとなのに、やけに古くさい感じの機関車だなあ、と思いつつも、まだ見ぬ北海道の炭鉱鉄道に思いを馳せたものでした。

たしか、あの写真はデフ付きだったと思います。それだからこそ、こうして釧路製作所の関係者の皆さんのご努力で、きわめて良好な保存状態が保たれていると聞いても、今日までなんとなく二の足を踏んでいたのでした。しかし、実際に見ると、これは素晴らしい! ヤマのあちこちから、こうした古典機の汽笛が聞こえてきた昭和のある時代、美唄や夕張で我々もほんの少し味わったあの匂いが、ほんのりと甦ってきて、朝からじーんときてしまったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

この罐いつか見たいと思っておりました。

品川530博士。
もしかしてタガが外れたのでしょうか?
撮影の頻度がスケールアップしている感がたまりません。
この保存機、良く会社の駐車車両に邪魔されませんでしたネ。
品川530博士の行動力に脱帽(脱糞)です。
僕も見習わなくてはなりませぬ・・・。
但し時間とお○が問題ですが。
11月下旬の呑み会を楽しみにしております。

No title

雄別炭鉱の8722ですか!
私もこの週末に会社の旅行で網走~釧路に行っていました。
途中、釧路の近くの道路標識で「雄別」の文字を見つけて、
この機関車のことを思っていました。
是非とも見てみたい罐なのですが、社員旅行では叶うはずもなく、
品川530さまが何とも羨ましいです。
私は簡易軌道を見ることはできませんでしたが、
丸瀬布のDLで往時の気分に浸ることができるのは有難いことです。

RE:雄別8722

高野さん
はい、さすがに体がネをあげて、
先週末は出撃を中止し、完全休養しました。
合間に平日の出張もあり、きつかったす(爆)
11月飲み会、楽しみにしています!
みやぎさん
ほんと、「雄別」という言葉を聞くだけで、
このカマが思い出されるという、我々にしかない感覚ですね!
丸瀬布DL、最終日に行きたかったのですが、
前述のように疲労蓄積で断念、また来年、となりました。
プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR