今も昔も、マダウきってのお立ち台

161009madauk4.jpg
ピュンタザの街中で昼飯にしたあと、前日と同じ12時半に発車するLRBE列車を追っかけながら、再び、マダウへ向かいます。「いかにも豚顔」のLRBE7号の登板を期待しましたが、朝に続いて56号が登場、となると、昨日とは違う写真でいきましょう。まずは、朝の列車では曇ってしまった、支線ほぼ中間あたりの鉄橋です。

今回のミャンマー行きの前に、ニャウレービン、マダウなどで検索をかけると、現役時代、あるいはチャーター運転時にこの鉄橋を走る蒸機の写真が何枚も出てきました。今も昔も、マダウきってのお立ち台なのでしょう。そういえば、単なる酔っ払いと思いきや、実は昭和40年代からの海外蒸機撮影の大ベテランである某ヤブ○医氏にこの写真を見せると、即座におっしゃいました。「はい、昔、ここで撮りました」!

ここマダウ支線を蒸機がコンスタントに走るのも面白いですが、こうしたLRBE列車で行く、隠れた遺跡巡りとか観光資源になりませんかねえ。1日1往復しか列車の走らない線路、昔でいうところの日中線みたいなところが、ミャンマーにはたくさん存在しているようです。ほんとは、朝の桜田、LRBEが鉄橋向かって左の、ピュンタザ行き列車のほうが、このアングル、バランスが良さそうです。7号も撮りたい、というのとあわせて、ここでもまた課題が残りました。嗚呼!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR