ピュンタザ到達

161008pyuntaza1.jpg
三連休、またミャンマーに行ってきました。9月三連休に続いての突撃ですが、今回のターゲットはキハ52と打って変わって、「LRBE」と呼ばれるレールバス牽引の簡易客車編成です。前々回、バゴー~ニャウンカシー支線で撮れるものと思って行ったら、やってきたのは札沼線の北海道色キハ40、豚顔?、いや猫顔?とも言われる愛すべきファニーフェイスのLRBEが、ニャウレービン~マダウ支線に残っていると聞いての突撃でした。

前回と同じNH849~TG303で土曜朝のヤンゴン着、クルマで3時間で、LRBEの基地のあるピュンタザに到達しました。ヤンゴン~マンダレー線の南部に属するこのあたり、マダウ支線はミャンマー最後の現役蒸機活躍の場でもあったそうで、ピュンタザのクラには常時一般公開はされていないものの、一部はチャーター走行可能なカマが保管されているようです。そして、その現役蒸機を撮ったことがある、某ヤブ○医氏によると「当時から、こんな作業用車みたいなのが走っていた」そうであります。

12時半の発車を前に、3両のマッチ箱客車を牽いたLRBE56号が、ピュンタザのホームに入ってきました。写真で見たニャウンカシーのそれや、ピイの機関区で見たそれに比べても、何やら平べったく、角ばった顔だちですが、ああ、これ見ただけで、感動します。夜行便の疲れや眠気が吹っ飛びます。グーグルマップで確認すると、どうやら終着のマダウまで、道路が平行している区間が多いようです。ならば、まいりましょう。緻密な計画と瞬時の判断で、着実にカットを稼ぐジャパニーズ・オッカケ、スタート!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR