奇跡の甲種

160930azuchi-notogawa.jpg
国内鉄とミャンマーの相互エントリー、ちょっと時系列の順番、変えます。2016年最強のネタトレイン、白昼の東海道を堂々上った、ブルーの12系・14系です。まさか、こんな甲種輸送が2016年9月に走るとは、おそらく鉄の誰もが想像できなかったのではないでしょうか。だいたい、JR海からJR四に行った12/14系の行方すら、どこまでわかっていたのやら……・その客車がSL対応で東武鉄道へ譲渡されると聞いたところで、実感がなかったのが、大多数の反応だったと思います。

深夜の岡山を出て、滋賀県内から熱海までが撮影時間帯に入るスジ、さらに、先頭に立つのはPF復刻国鉄色の2139号機となっては、何とか出撃を画策したいもの。駄菓子菓子! この日(9/29)は外せない出張があり、予報も雨模様……一度は断念の方向でしたが、諸般の事情を調整すると、米原前後でのみ撮影が可能となり、前夜のひかり号で雨の米原入りとなりました。

翌朝、TWのタイムラインには「瀬戸」をリメイクしたヘッドマーク付きで雨中を上る姿が次々とアップされ、高まる期待とは裏腹に、雨脚は強くなるばかり。先日の「北びわこ」送り込み撮影時に覚えた安土西方のポイントで待機するも、30分前には絶望的な豪雨に見舞われました。

ところが、幸運なことに、通過直前には小降りとなり、やがて、東海道から消えたはずのブルトレ・マークと青い機関車+客車が、静々と通過。編成としては「ムーンライト高知・松山」さながらですが、まさに奇跡の甲種輸送! おそらく鉄の思い出話で長く語り継がれるであろう一コマを、自分も記録できたことの感動が、じんわりと込みあげてきたのでした。


テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR