保留車から、花形運用へ?

160805bagan6.jpg
バガンに泊った翌朝(8/5)、パコックからの108列車を捉えようと、勇躍、バガンの北へ出撃しました。雲は多いながらも、切れ間から朝日が差し込む好天下、関鉄色が見えた!と思いきや、キハ52とはどこか違う、やがて進入してきたのは、RBE5001同様にきれいに塗り直された、旧のと鉄道車の2連でした。

この「バガン急行」には、最近、キハ52以外も入っているらしい、と聞いてはいたのですが、こうしてピカピカの3セク車が来てしまうと、やっぱり最初はガクッと来ましたが、桜田順光で朝日に光る姿を撮影しているうちに、これはこれで悪くない、と思えてきます。帰国後、ネットで検索して、このRBE2527、2528の2両とも、一時は修理待ちの保留車となっていて、工場の片隅でうらぶれていたことを知ると、文科系鉄の心の琴線、わなわなと震えてしまいます。

平行道路の完全にないエリアで、昼行ダイヤで10時間以上を走破する、この「バガン急行」は、もしかしたら、他とは違う格があるのかもしれません。修理待ちの保留車が、いきなり綺麗になって、花形運用?に投入される、これは2016年のミャンマーならではの面白味なのでしょうか。まだ廃車された車両は少数というミャンマーのRBE、しばらくはこういう有為転変をドラマチックに繰り返しながら、次の時代へのバトンタッチを迎えるのでしょうか。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR