峠へ、ラストスパート 2

160730shinome9522.jpg
津和野を発車した上り9522レを、「やまぐちの原点」本門前踏切でまたまた鉄と三脚と脚立の山の一員となって撮影し、そのまま、鍋倉や渡川をやり過ごして、篠目へ向かいました。無装飾、と聞いたときから、「この1枚を」とイメージしていた駅発車の後追いアングル、ランボードの白線は残念ですが、シゴロクラストを締めくくるショットを決めましょう。

シゴナナの集煙が外れるようになった10数年前、夏の重連は、下りシゴナナ前、上りシゴロク前が基本だったように記憶しています。それが、PPになったり、上りもシゴナナ前になったり、年によってパターン違いを繰り返しつつ、最後は往復ともシゴナナ前に収斂していきました。昔は上りもシゴナナ前で撮りたいよなあ、などと言ってた自分が言うのも何ですが、今年ぐらいは、シゴロク前でもよかったよなあ。。。

幸い、峠へのラストスパートをかける、この発車シーンでも、ご覧のように、煙の量と風向きに恵まれました。欠け取りのあるシゴロクの特徴的テンダ、この角度で撮ると、シゴナナの細身のボイラの後ろ姿と、こんないい感じになるとは、最後の最後まで知りませんでした。この後、かまぼこ屋(笑)へ追いかけてみましたが間に合わず終了、そのまま山口宇部空港に戻りました。搭乗前に一人お疲れさんでビールにしました。夏の峠へ挑み続けた、やまぐちのシゴロクに、あらためて乾杯!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

このアングルこそお見事です!!

品川530博士。おはようございます。
行きたくても行けなかった山口線C57+C56重連。
博士のアングルにうっとりです。
あのC56特有のスローバックテンダーを捕らえ、煙も理想的です。
おつかれさまでした。

RE:重連

高野さん
ありがとうございます。
この日はなぜか、煙の向きには恵まれました。
シゴロク単機の後ろ姿はひ弱な感じがしますが、
重連の次機だと、バランスが良くなること、今まで気がつきませんでした。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR