生きていた工建型

160624thaiyugen2.jpg
ハノイから北へ60数キロ、タイグエンの製鉄工場には、21世紀初頭まで、日本製のC12が流れ流れて、ここで構内入換用に動いたことが、海外鉄の皆さんの間ではよく知られていました。そのC12が廃車となった後は、中国からのCタンク機、工建型が残っているらしい、いや、DLが入ったらしい、と時折り、断片的な情報があるのみでした。

その工建型、今はDLの予備となってしまったけれど、火が入ることもある、との確かな情報から、連隊長が地元ガイドと連携のもと、工場当局のみならず、ベトナム環境省?の許可まで取得しての撮影です。残る工建型3両のうちの1両、GJ1037号機が、製鉄所の奥深く、専用線のクラの前で、DLと並んで、静かに煙を上げていました。

この日の午後と、翌日の午前中。延べ10kmに及ぶ専用線でのチャーターというのが、今回のツアーの目論見です。単機、入換風景、それにプラスして貨車連結の編成写真も撮れれば……クラからヤードへ、すっかり草生した南洋の線路を、GJ1037号機が後ずさりを始めました。とりあえずは、様子見です。この段階では、どの程度の写真が撮れるのか、実はまだまだ不安でした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR