第2期・展望客車の時代

160515jodo-seto9330.jpg
RMライブラリーの新刊「日本の展望客車」が上下巻で出ています。上巻のスターが古き時代の「つばめ」展望車とすると、下巻は東サロ、大サロから始まるジョイトレ~豪華列車になっている構成に感心しながら、その80年代からの「第2期・展望客車の時代」をリードした車両の代表である大サロが、今もこうして活躍を続けていることに、あらためて感動します。

先週日曜日(5/15)、夕方のセトジョウは、ネーピートーと違って晴れませんでした。晴れればガングロながらも夏めいた斜光線を浴びた大サロの美しいカラーリングが……となったところですが、この日は最後まで微妙な日差しの中の撮影となりました。思い出すなあ、イゴマルが秋の斜光線をエロエロと浴びて大阪へ帰って行った、30年近く前の上郡~有年。当時とは客車のカラーリングが微妙に違いますが、いまPFに付くヘッドマークのデザインはほぼ同じなのが嬉しいところです。

そういえば、きわめて短区間ながら、東サロ~ゆとりや、江戸の展望車には乗ったことがありますが、大サロの展望車にはまだ乗ったことがありません。車内からイゴマルの顔を撮るのはもう叶わない夢ですが、原色でもトワガマでもどちらでもいいので、一度、展望車内からカマの顔を眺めてみたいなあ。ふとそんなことを思いながら、三脚を撤収して、空港への帰り道、もう一度、「みまさかノスタルジー」を狙うことにしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR