貫通扉が悩ましい

160504yangon1.jpg
現地の旅行会社が手配してくれたヤンゴンのホテルは、環状線の線路まで歩いて数分、朝6時過ぎ、空の明るさがISO1600で撮影可能になった頃合いを見はからって、朝練に出かけました。まだキハの運用も支線の位置関係も何もわからないままですが、朝食前に何本か来るだろう、という甘い目論見でした。

実際、1時間半弱のうちに、東海キハ11、キハ40、それに東のキハ40と3本のジャパニーズ・キハがやってきました。そのうち、後追い順光で捉えた、この写真のキハ40、貫通扉のミャンマー、日本の両国旗がいいアクセントになっていますが、この後1日半のヤンゴン滞在中、貫通扉の閉まったキハは、キハ11を除くと、ほぼこれ1枚になってしまったのでした。

日中の最高気温が40度前後となる暑季のヤンゴン、冷房装置を撤去した車両も多いのですから、そりゃあ貫通扉を開けて走るのは仕方ありませんね。そういえば、日本国内では、停車中はともかく、貫通扉を開けて走行するDC、かなり時間を遡らないと、思い出せません。駄菓子かし、これは、気温が低く、比較的その心配のない季節に、また来なければなあ。ヤンゴン初めての朝から、もうそんなことを考え始めていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR