仙南を上る

160430shiroishi-kosugou-kai.jpg
春臨で運転が発表された頃には、ああ、また磐西で走るのだな、天気がいい日に一度ぐらいは撮りに行くか、とのんびり構えていた「春の会津ふるさと号」ですが、期せずしてGW寸前に、セン485系A1A2編成の6月のラストラン団臨がリリースされ、カウントダウンのスタートさながらの運用となりました。

GW前半で唯一の晴れ間が予報されていた昨日(4/30)、仙台からの回送から始めて、一日、名残の国鉄色485系を追いかけてきました。仙台を出てすぐからスタートするには前泊が必要で、前日に福島入り。アナゴが名物の居酒屋はお休みで残念でしたが、あっさりだしの福島おでん、笹かまがおでん種というのも初めてで、気がついたらおでんの海に焼酎ともども溺れてました(笑)

翌朝、ED75旧客で3週間前に来たばかりの越河へ。前回のバリ順より2時間以上早いスジで、前面に日が回りませんでしたが、仙台発、朝のエル特急、夏の朝を上野へ向かうって感じです。この色の電車が、東北筋を往来した全盛時代を知らない京都のガキ鉄にも、「ひばり」や「やまびこ」は国鉄電車特急の代名詞のひとつでした。とりあえず1カット、晴れてくれてよかったなあ。3週間前と同じように、国見インターから、追跡がスタートしました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

485系

このタイプが登場した頃は、583系のパッチ物みたいに思っていました。
481系の色をした、583系。
でも、この色は素晴らしいですね。この色が来ると特急が来たという感じがします。

RE:485系

枯れ鉄さん
この色も、最初はボンネットの印象が強く、
京都駅で「雷鳥」が来ても、
ボンネットじゃないのは、まがい物って感じがしました。
それが今や風前の灯、我々も年を取るはずです(笑)
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR