15年後、黒野から谷汲へ

160219tanikumi2.jpg
せっかくここまで来たのだから、黒野から分岐していた名鉄谷汲線の終着駅、谷汲まで行ってみようと、レンタカーのナビを旧谷汲駅・現谷汲昆虫館に設定しました。路線廃止から15年、廃線跡を辿っていた代替バスも今はなく、電車で20分だったところを、樽見鉄道とバスを乗り継いで2時間かかったと、senrobataさんのブログにありましたが、すみません(笑)、レンタカーで20分でした(核爆)

現在の道路は、一部がトンネルの短絡路になっているようでしたが、これまたsenrobataさんがブログで書かれていたように、実にのどかでフォトジェニックなニッポンの山里の風景が広がっていて、ああ、線路があって、電車が走っているときに来たかったなあ、としみじみと思いました。たしか、途中に桜の咲く駅があって、満開の桜の下を走る赤い電車を狙う鉄が集中したような記事を、当時の鉄雑誌で見た記憶があります。

黒野と同じように、架線がないのは仕方ないとして、こちら谷汲駅にも、モ750、モ510がいい雰囲気で佇んでいて、思わず見とれてしまいました。こんな短い距離のところに2か所、旧駅を利用した施設が残っているのですから、赤白電車、赤い電車がいかに地元に親しまれていたかがわかるような気がします。ああ、来てよかったなあ。門デフもカシオペアもいいけれど、これだから、保存車両巡礼鉄、やめられませんなあ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR