昭和44年、九州のどこかで

160211shinkanaya2.jpg
時は昭和44年、場所は小倉工場からほど近い、鹿児島本線の遠賀川か海老津あたりでしょうか。秋の長崎国体でお召列車を牽引するために、2両のハチロクとともに特別整備を受けた、佐々区のC11165号機が今日は出場前の本線試運転。どうやら駅長さんが誇らしげに漏らしてしまったらしく、近所のファミリーが三々五々、集まってきました。

子供を抱くお母さんのカメラは、オリンパスペンか何かでしょうか。前年の「ヨンサントオ」白紙ダイヤ改正を経て、最近はSLブームとやらが到来、ニコマート持ったお父さんは、すでに駅の先の築堤で待機しているようです。九州ならではの門デフにも、銀の縁取りがされる、こうした御召特有の装飾ですが、急速に進む動力近代化の時代、あと何度、見られるのでしょうか。。。

以上、46年前の九州へ、時間旅行をお楽しみいただけましたでしょうか(爆) ほんとうは、平成28年の新金谷。九州は熊本からやってきたC11190号機が門デフ装備となって、「かわね路」編成をホームに横付けしたところです。好天に誘われて、またまた藤枝からレンタカーで門デフ詣で。今回は初めて、新金谷発前シーンから、撮影をスタートさせました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR