青ガエル有終

160207uchikoshi3.jpg
30分ヘッドで北熊本~上熊本のわずかな距離を往復する5101Aですが、15時半の北熊本発着場面では、わずかな薄日により、半絞り程度、露出が上がったレベルでした。駄菓子かし、西の空に目を凝らすと、現在は厚い雲に覆われている夕陽が下方へ移動する、日没までの約1時間分の空には、なぜか、雲がほとんどありません。おや、これは、もしかしたら。。。

予約を入れている帰りのNH便の発時刻から逆算すると、次の16時北熊本発着のスジが限界です。「平面ガエル」先頭で北熊本へ向かう青ガエルが、十分な斜光線に照らされて通過した段階で、帰りの便を、1時間半後のソラシド共同運航便に変更しました。こうなったら、待とうではありませんか。一度は諦めかけた、正向き青ガエルの、桜田順光。

結果、いだだきました。ほぼ思いどおりの、順光青ガエル。ついさっきまでのドン曇りが嘘のような、素晴らしき冬の斜光線。ああ、ほんと、無理やり来てよかったなあ。この場所ではいまだかつて見たことのない、鉄20名以上のシャッター音が降り注がれる中、昭和のモーター音を唸らせながら、最後の青ガエルが夕暮れの光を浴びて、花道を進んでいきます。マンガのヘッドマークのことすら、いつしか忘れて、夕陽のエバーグリーンに見とれていました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR