伝統の緑ナンバー

160110sasamado-nukuri102.jpg
せっかくの快晴です。復路の102レは桜田順光を旨に、京阪電車撮影の時の経験を生かし、抜里付近某所に、三脚を立てて待機に入りました。ご覧のように、ポールは手前にもかかるし、キロポストはあるし、何しろ手前にビロ~ンがかかるという悪条件ですが、おそらく沿線きっての光線状態には変えられません。それに加えて、下り込みなんですが(爆)

190号機の古巣、熊本機関区のカマは、緑ナンバーが特徴的でした。名著「LIGHT PACIFIC 70」で知った、C57151号機の美しさは秀逸でしたし、残念ながら撮る機会には恵まれませんでしたが、三角線用のC11には、かなり遅い時期まで、緑ナンバーのカマが存在していました。190号機は門デフになったことはありませんが、今回の企画、そうした鉄の琴線に十二分に触れるものでした。

トンネルの向こうから汽笛とドラフトが聞こえ、下り込みに入った190号機が、素晴らしい光線の下、姿を見せました。有り難いことに、絶妙のタイミングでさらに汽笛一声、白い蒸気がいいアクセントとなって、マークなし・旧客4両というベストな編成を、しっかり抑えることができました。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR