暮れなずむ街角

160103himematsu-tezukaya3-2.jpg
モ166号の後追いを撮ろうと、仏具店の背後に振り向くと、すでにビル影が幾重にも伸びて、静かに暮れなずむ街角に、これまたどことなくノスタルジックな看板や家並みが広がっていました。そやそや、関西のガキの学校帰りの買い食いは、なんちゅうても、お好み焼きやなあ。隣の寿司屋、正月からようやっとるけど、お客さん入んのんか、ネタは大丈夫やろか(核爆)

路面電車の走る夕暮れの街。こんな風景の中に身を置いているだけで、いつしか身も心も溶けていきます。このあたり、電車を降りて歩いたのはこの日が初めてでしたが、いいなあ。阪堺というと、住吉周辺か、綾ノ町から御陵前。いつも天王寺から電車に乗って通過するだけだったこのあたりでしたが、実際に歩いてみると、不思議な郷愁に満ちていました。

夜、京都の実家に帰って、母にこのあたりで撮影したことを話しました。てっきり、大阪市内のどこかから、女学校の頃にこのあたりに越してきたのだと思っていたのですが、聞くと、生まれ育ったのが、この帝塚山だったとか。なるほど、あの不思議な気分は、そういうことだったのか……阪堺の古豪モ161のおかげで、思わぬ我がルーツを知ることになりました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR