再見、三道嶺建設蒸汽火車

160101hami-morning.jpg
新年の夜明けを、三道嶺の建設型をバルブしながら迎えました。まだ明けやらぬ時間から宿を出て、カマが待機しているヤードに到着して、勇躍、三脚を立てるときには感じない寒さですが、10枚、20枚とシャッターを押すたびに、ああ、そうか、ここはマイナス10数度の夜明け前だったなあ、と10数年前のダーバンやホルクを懐かしく思い出します。

今回、やっと訪問を果たしたハミ、三道嶺でしたが、そうした寒さだけでなく、丘から見下ろす荒涼たる光景、そこに響く汽笛とドラフトの接近など、あたかも21世紀になるかどうかの頃の集通鉄路を、コンパクトに追体験するような、不思議な快感に満ちていました。そうだよなあ、中国鉄は、これだったのだよなあ。少々歳をとって、また寒さがつらくなったけれど(笑)

現地での情報では、遅くとも3年以内のトラック輸送への転換が予定されているといいます。遅くとも、ですから、来年の冬にはもうなくなっているかもしれません。でも、行きたいなあ、もう一度。今回は幸運にも予定通りの往復乗り継ぎができましたが、前後の日程にはフライトキャンセルや大幅遅延が相次いだことを聞くと、あらためて、ここへ行くこと自体のハードルの高さを感じます。再見、三道嶺建設蒸汽火車。そのひとすじの思いを抱いて、新年の仕事に取り組みたいと思います。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR