花火か火花か 2

151231hami4.jpg
かじかむ指先で三脚の運台をターンさせ、後追いの連写に入りました。おお、これです、これです。煙と火花が重なって、赤い妖気を帯びた色が暗闇に出現し、糸を引くように、荒野の中を幻想的に移動していく。まさか、、またこれを、ウチのカメラが捉えることができるとは思いませんでした。

後で、熱水以来の知人友人の皆さんと、紹興酒片手に語り合ったのですが、あの時代に今のようなデジカメがあれば、大変だったなあ。夜遅くまで、厳寒の中で撮らねばならなくなります(笑)寒風吹きすさぶマイナス30度の丘の上で、やっとの思いでシャッターが切れ、ついには巻き上げ不能でカメラが力尽きる。あれでよかったのだ、と皆で自分に言い聞かせました(爆)

そうか、煙と火花が同じ方向に重なるほうが、幻想的なシーンになるのだな。前日、この段階でKプロが「これからが本番です」と言った意味が、T島さんが写し止めたモニタの画像の素晴らしさの理由が、やっとわかってきました。まさに、行こうぞ、さあ、これからだ(一部爆) 懐中電灯を頼りに車に戻り、締めの1カットに挑戦すべく、移動します。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR