火花はまだか

151229hami2.jpg
採炭場の向こうに夕闇が迫る頃、建設型発車のバス笛が聞こえました。火花乱れ飛ぶカットをものするには、夕陽の光がまだまだ空に残っていて、ちょっと早いかな、という感じですが、こればかりは、やむをえません。感度を3200に修正して、火花は写ったらラッキー、という大人の風格でまいりましょう(笑)

結果、ご覧のとおり、火花は出ているといえば、ほんの少し出ていますが、とても全開とはいえない、夕暮れ写真のわずかなスパイス、という程度に終わりました。でも、我がPENTAX、APSCでここまで撮れるとは思いませんでした。もしかしたら、皆さんのフルサイズよりは劣るだろうけれど、火花の走行だって、撮れるかもしれない。。。

さすがに、日暮れ間近になると、往年の熱水とまではいわないにしても、手はかじかみ、指先は完全な自由を失ってきました。そう、15年前もそうだったよなあ。O隊長の「行くぞ!」のひとことに、何をここまでして、と思いながら、それでもやみにやまれぬ思いで丘へ登りました。そんな記憶を思い起こしながら、当時より数段進歩したデジカメで、迫りくる煙を連写します。どうやら、心に残る旅になりそうです。中国鉄初期の、あの大変だった日々を、いとおしむように。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR