三道嶺到達

151229hami1.jpg
仕事納めの夕方に羽田を発って、北京で1泊、翌朝(12/29)のCA国内線でハミへ、午後には最後の建設型蒸機の待つ炭鉱の町、三道嶺に到達しました。このコース、週3便とはいえ、北京~ハミ直行便の新設によって可能になったもので、今までは行きたくても弾丸日程が組めなかったのが、そうか、自分にも行けるのか、と出撃決意を後押ししてくれました。

2日前に現地入りした10数名の日本人鉄の半数以上が知人友人で、夕方の撮影ポイントに到着するや否や、前日の夕刻の火花の成果について、手柄話に花が咲いています(笑) 1年前にYoutubeにアップされて話題になった、火花を振り撒きつつ驀進する日没寸前の列車のシーンです。ま、マイナーなブランドのAPSC、ウチのカメラには関係ないな、と聞き流しておきます(爆)

それより、まずは柔らかな夕日の斜光線をいただきましょう。ちょうど、お誂えの時間に、採炭場から汽笛が聞こえ、建設が白煙を斜光に染めながら、荒涼たる岩場をバックにやってきました。おお、これ見ただけでも、これ撮れただけでも、来た甲斐あったなあ。あとは、火花対象列車が来るのが日没よりどれぐらい早いか遅いか。とりあえず、のんびり構えることにして、感度を6400に上げて、待機に入りました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR