381系拾遺

151128shimoyakuno-kamiyakun.jpg
再び、ひくまさん車による追っかけがスタートしました。曇天でアングル選択の範囲の広かった前回と違って、線路が東西に向く順光区間は、きわめて限られます。前回、ほとんどまともに撮れなかった上り「ありがとう」側のマークを重視して、後追い用のポイントに連れて行っていただくよう、半ば無理やり(爆)、ひくまさんにお願いしました。

で、到達した築堤上の小さな踏切には、まさに381系のイメージにピッタリな、カーブの連続する山間の風景が広がっていました。いわば、381系の初運用路線、中央西~篠ノ井線の姨捨あたりを彷彿させます。何せ、元祖・振り子電車です。カーブを軋ませながら走る編成の1両ごとに段差(?!)ができるのが、すっきりした屋根上と車体裾の丸みによく似合っています。

キハ181系の時代から、「しなの」には大阪乗り入れが1往復あって、381系は途中から片エンドがパノラマ車となったものの、京都駅や山崎でも、よく見かけました。ほんとうは、今回の回送を山崎あたりで撮りたかったのですが、前夜の京都入りができず、断念しました。あとは、80年代半ば、最後のゴハチを撮りに行った紀勢線の海岸線のカーブを走る「くろしお」も、編成に段差をつけてカーブを軋ませていました。そして、今も残る伯備線「やくも」の381系を国鉄色に、というのは叶わぬ願いなのでしょうか。。。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR