ジャカルタの赤い顔

150729jakarta-anqke205-1.jpg
ほぼ全国曇り模様の三連休最終日です。南武線の205系、ナハ39編成も朝の運用だけで後はお休み、こういう日はカメラを持たず、都内散歩で気分転換です。とはいっても、ちょうどご案内をいただいていた、二つの鉄な写真展にお邪魔して来ましたので、非鉄とは言えませんが(笑)

来年はもう、おそらく日本の秋の夕陽を浴びることはない、南武線の205系。彼の地、ジャカルタでは逆にあっという間に増殖して、東急車や103系を追いやる結果となっています。あらためて気づいたのですが、日本当時の顔のまま使用された導入初期と違って、最近はこうして、赤い顔に姿を変えているのですね。その赤い顔のメインが、205系と、メトロ05系あたりで、なぜか東急8000や8500は赤ではなく青基調のまま、今も運用されています。

今年の夏の写真から、205系を探してみました。おお、何といっても赤道直下、同じ桜田でも光のパワーが違います。車体や塗装が痛むのも早いのだろうなあ。譲渡車両はとっかえひっかえが原則のようで、廃車されたら、線路のないところに山積みの運命です。もし、BOGORにナハ区のような鉄分の濃い現場の方がいらっしゃったら、「譲渡ヘッドマーク・ジャカルタ版」を、ダメもとでお願いしておきたいと思います。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR