山陰京都口回顧

710403umahori-hozukyoDF50.jpg
381系「きのさき」が京都に向かった後、亀岡盆地の霧が晴れました。で、晴れたまんまで44年前へワープ、馬堀駅の京都方の旧線を行くDF50牽引の朝の旅客列車です。1971年4月、山陰京都口の定期DL化直前、この列車に相前後して、3本のシゴナナが上っていくダイヤでした。つい数日前、381系を撮った2015年の有名ポイントは、この築堤が駅ごと大きくカーブした先、画面中央のあたりになります。

あらためて思ったのですが、この時代の急行「丹後」や「丹波」「但馬」が、今の「はしだて」「きのさき」「こうのとり」なんですね。ああ、ずいぶん長いこと、間をあけてしまったなあ。この当時から、京都の後背住宅地として徐々に開発が進みつつあったこのあたりも、今ではすっかり、どこにでもあるような近郊住宅地となりました。それでも、カーブした馬堀駅の、どことなく間延びした雰囲気は昔と同じで、一瞬、じーんとしてしまいました。

今でも時々、夢を見ます。1971年4月26日、月曜日の朝。学校をサボって、この丘の上から、最後のシゴナナ列車を見送っている高校生の自分の姿を。ふと、目を覚まし、そうや、あの日の朝はホンマに行きたかったなあ、と何度、現実に戻ったことでしょうか。それ繰り返して、結局、鉄やり続けていて、アラカンですわ(爆) 2015年10月に戻ると、こちらも霧が晴れてきました。ひくまさんの次のナビゲート先は園部、これまた思い出深いとこやなあ。。。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

馬堀

この写真は、ジーンときますね。
この当時、まだ第一線だったDF50の客レ。
今は線路も付け変わって、周りに住宅も建ち当時の面影は感じられませんが、この光景は今も脳裏に焼き付いてます。

C57、D51、DF50、DD54、丹後、白兎等、当時の罐、急行名称、全て消えてしまいましたが、忘れることはないですね。

RE:馬堀

枯れ鉄さん
ありがとうございます。
そんなコメントいただくと、こちらがじ~んときます。
あの時代の京都のガキ鉄の、最高のワンシーンですね!
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR