路傍の国鉄~阿佐ヶ谷

151012manhall1.jpg
トタ189系M51編成が「ホリデー快速富士山」となって阿佐ヶ谷に戻って来るには、40数分の時間がありました。懐かしい喫茶店のモーニングでも、と思ったところで思い出したのが、この駅のすぐ近くにも、「路傍の国鉄」が残っていることでした。というのは、渋谷の通路で国鉄の古い銘板を見つけたあと、ネットで検索して出てきたのは、これ程度、だったのです。

はい、マンホールのふた。勝手知ったる、青春の街。マンホールヲタ(?!)のブログに書かれたヒントから、すぐに見つかりました。はい、ただ、これだけのことです(笑) 周囲にはレールの断面を表わす「エ」マークのみのものや、電電公社マークのものが散在し、とりあえず、「エ」+国鉄ヴァージョンを3つ発見。いやはや、マンホールのふたは交換しずらいですよね、だから残ってる(爆)

すでに国鉄民営化から四半世紀が経過し、まもなく30年になろうとする今、最後の国鉄型特急電車の轟音が聞こえる、高架下の路傍に、こんな「国鉄」が残っていること自体が、奇跡ですね。道行く人の好奇な目を背中に感じながら、夢中でマンホールのふたをスナップする、我が青春の街彷徨も、ちょっとヤヴァイ方向になってきたかな、と自嘲しながら、高架ホームに戻っていったのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

下も注意しないと

おっと、これは地元ネタながら全く知りませんでした。高円寺には「国鉄指定」と看板に書かれた碁会所がありましたが10年ほど前に閉鎖、今は中華屋さんになっています。

RE:路傍の国鉄

TADAさん
私もこれ、ネットで見つけて驚きました。
「国鉄」の文字は、10年ぐらい前は都内のあちこちに
散見されましたが、もはや絶滅一歩手前のようですね。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR