十文字夕景

201509191815428f7.jpg
16時をとうに過ぎて、山間部の及位では、すでに線路面がすべて影の中に入っていました。せっかくの晴れ間です。影承知、カブリツキで待機中の鉄な方々の姿に心揺らぎながらも、今日は先を急いで、少しでも開けた場所で、夕陽に賭けましょう。

湯沢横手道路に入ってからのスピードアップで、何とか十文字の先の平坦区間に、A1A2編成より先行到着しました。ラーメン屋が並ぶという、十文字の市街はインターを挟んで反対側のエリアで、店構えの雰囲気だけでも味わえなかったのは、ちょっと残念でしたが。

現地通過は17時10分過ぎ、低い山の端にあとしばらくで沈もうとする夕陽との競争になりました。十文字で交換の上り電車が行ってからの数分間の長いこと、長いこと(笑) やがて、美しい斜光を浴びてやってきた国鉄色の、それは美しいこと! あ、そうそう、 タイフォン・パッカーンはもはやご愛嬌でしかありませんでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR