赤い電車、安息の地

150822kurisawa711-1.jpg
そして、夕刻札幌を発車する上り最終「北斗星」に向けて、多数のバリ鉄な皆さんは黄金や北舟岡で長時間待機に入られたようですが、当初から千歳線内での撮影を計画していた我々は、空き時間を利用して、岩見沢の郊外に保存設置された赤い電車、711系を見に行くことにしました。島松から栗沢まで、夕張鉄道ゆかりの地をかすめながらの小一時間、晴れ間の出る時間が徐々に多くなってきました。

おそらく日本初と言っていい、インターネットを利用して出資者を募る、クラウドファウンディングの手法による鉄道車両の保存です。個別に寄付を募っていたらとてもこのスピードでは集まらない額が、今回は集まったようです。当然、手数料が発生するところに、是非の余地はあるかもしれませんが、私もささやかな出資をさせていただき、車内に掲出された一覧表に名前があるのを見つけて、とりあえず、安心いたしました。

それよりも、この環境! いやあ、いい雰囲気だなあ。なぜ3両じゃないの?とか、架線がないなあ…などといった不満は、あっという間に夏の終わりのそよ風に吹き飛んでしまいました。で、併設のレストランでいただいた、シュラスコ・ビュッフェの美味しかったこと! 窓の外には、北の大地の緑と、青い空、白い雲、赤い電車。秋にはもう「北斗星」は走っていないけれど、「カシオペア」撮った後にやってきて、夕陽の時間までぼんやりしていたいなあ。今年の秋、なかなか素敵な宿題ができました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR