「梅小路」の名が消える

710425ume1004.jpg
まだまだ先と思っていた、梅小路蒸気機関車館の閉館が、あと2週間に迫りました。京都鉄道博物館の一部となるための発展的解消ですが、京都のガキ鉄時代から、40年以上にわたって慣れ親しんだ「梅小路」の名が消えることには、万感、胸に迫るものがあります。今日は古いモノクロネガから、私にとっての梅小路といえばこの日、昭和46年4月25日の写真をスキャンしました。

♪背のびしてみる梅小路 今日も汽笛が遠ざかる♪……中学生のとき、ガキ鉄が他愛もなく歌っていた「港町ブルース」の替え歌です。ハーフサイズカメラで撮り鉄(という言葉はありませんでしたが…(笑))を始めた頃、山陰線には梅小路のシゴナナの定期旅客が5運用残っていて、ぼくらの鉄活は、6両のシゴナナを中心に回っていました。

それが、その年の正月に3運用に減り、春4月、最終運用の出区前に、ヘッドマークを付けたスターC575号機を中心に、昼間の臨時運用で不在の1両を除く5両と、入換のC11がズラリ並んで、今で言う「頭出し」でファンに披露されました。梅小路の現役蒸機最後の日、ここから、梅小路は動態保存基地としての第2の人生を歩み始めたのです。それから、40数年。あと2週間のうちに、もう一度だけ、行けるかなあ。行きたいような、このままにしておきたいような。。。複雑な気分で、故郷の街に思いを馳せています。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

C575

 山陰本線京都口の最晩年、C57の運用が3往復の時に2度ほど撮りましたが、残念ながら5号機には逢えませんでした。
 その後、山陰本線の西部で5号機を撮りましたが、形式入りのプレートではなく...この姿を撮りたかったです。
 名門中の名門「梅小路」の名前が消えてしまうのも残念ですね。

梅小路

梅小路という名が消えるのは寂しいですね。
貨物駅が梅小路操車場に移動して、その名は京都貨物となり、梅小路蒸気機関車館の名前が消えて、もう梅小路という名がなくなりますね。(梅小路公園がありますが、鉄道施設ではないですね)
お盆休み中に行っておけばよかったなぁ。

RE:C575

佐倉さん
3往復になってからは、実質、朝だけの撮影で、
5号機が来なかったのには、さぞやがっかりされたことと思います。
形式ナンバーが豊岡転属時に失われた理由は、
謎のまま、風化していくのだと思うと複雑です。

枯れ鉄さん
JRWの現業機関としての梅小路運転区はどうなったのでしょうか。
京都運転区とか、京都総合車両所梅小路派出なのか、
今後も嵯峨野のDLなどは管轄するでしょうから、
もしかしたら、ささやかに残るのかもしれませんね。
いずれにせよ、ガキ鉄の梅小路は彼方へ、ですなあ。。。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR