夕陽フェチの10年

0708jawa.jpg
パンカで撮影を終えた私たちは、ぺカロンガンからの列車で、ジャカルタ、ガンビアへ向かいました。あとは、ジャカルタ市内で夕飯食べたら、スカルノハッタへ戻って、成田へのJL便に搭乗するだけです。相変わらず、ちょっと冷房の効きすぎた列車内、長袖のシャツを持ってこなかったのを悔やむのも、10年前の初ジャワツアーのときから変わりません。

そうか、初めての訪問が2006年だから、今年でちょうど10年になるのだなあ。♪赤い夕陽が西へ沈んでいく 野山を染める♪と、懐かしのシューベルツの名曲を口ずさみながら、こうして沈む夕陽とカマのシルエットにカメラを向けるのが、ジャワへの旅の、至上の愉しみでしたが、今年はついに、そんな機会もなくなってしまいました。

西部の砦、スンバルハルジョがこのまま落ちてしまうとしたら、こうした夕陽のシーンを堪能できるのは、来年の夏は東部の牙城、オレアンだけになってしまうのでしょうか。ホワイトバランス調整や夜の高感度撮影など、この10年のジャワでのメインカットの習熟は、デジカメ進化の歴史でもありました。もう来年ははたしてジャワ撮影ツアーが成立するのか心配ですが、せめてそれまでに、我がペンタックス噂のフルサイズが世に出てくれれば、と思う今日この頃です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR