寶島の墨絵

150725kano-yamazato.jpg
運転初日(7/18)の徳高陸橋は、凄い人出だったようです。Seさんを案内した黄先生も駐車場所には苦労されたようで、「早くいかないと、場所ない、場所ない」とのアドバイスで早めに到着したら、今週はそれほどでもなく撮影位置確保、例によって、無煙ながらも超メジャーアングルを1枚、ゲットしたのですが、結局、通過20分ほど前には満員御礼、パトカーもやってきたのでしたが(笑)

「次、どこにする? 鹿野の鉄橋行くなら、関山は撮らないで行く。そうしないと、間に合わない」……いやあ、1年前同様、先遣隊のSeさんのおかげで黄先生は今回のダイヤと追っかけの可否も熟知、ご提案通り、鹿野渓橋に直行することにしました。途中で、「ちょっとだけ、時間あるか? 弁当、買おう」、はい、大賛成! 今日は初見参の関山弁当、いやあ、美味かったなあ!

そして、鹿野渓橋通過は13時に近く、トップライトが逆に編成をまるで墨絵のように浮かび上がらせてくれました。10分前に到着し、この素晴らしいシーンを迎えるのは、同行のSoさんとただ二人、つい先ほどの徳高陸橋の喧騒が嘘のように、静まり返った長い渓橋を渡っていく台式シゴナナは、「寶の島」の醸す、東洋の伝統美の世界に見事に溶け込んでいるようでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

黄先生、この鉄橋への行き方、すっかり忘れていました。

途中、お店の人に、行き方を確認していましたが、

普段、地元の人もあまり行ったりは、しないのでしょうか。

お店の人も、行き方が分かっていない様子でした。

結局、私は、時間が迫り、後追い撮影。

もし、また同じようなダイヤでの運行があれば、

ここは、リベンジです。

RE:黄先生

somtamさん
はい、その話、聞きました。
申し訳ない、それがあったので、こちらは間に合いました(^^ゞ
次回はぜひ、ご一緒しましょう。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR