日式と台式の相違

150725tamasato3.jpg
玉里に到着した台式シゴナナは、黄先生によると大昔機関区のあったという、構内外れの側線で、本運転までの間、小休止していました。南国らしい木陰に佇むその姿は、日式の1号機や180号機と姿形は同じでも、ああ、台湾の風土に馴染んでいるのだなあ、という感じがして、どこが日本のシゴナナと違うのだろう、と、あらためて観察してみました。

まずは前面のカウキャッチャー。これで相当、印象が変わりますね。昔、現役時代の写真を雑誌で見たときには、何だこれ、変だなあ、似合わないなあと思ったものですが、ED79のチョンマゲ同様(笑)、ここのところ何度か撮影して見慣れてくると、まったく気にならなくなりました。シールドビーム?1灯の小さい前照灯も、これまた同様、見慣れるとどうってことない(爆)

そして、今回気がついたのが、キャブのナンバー周り。乗務員札入差しがあって、区名札や仕業札差しがない。で、ご覧のように、EF5861やC51239など、日本の御召機の3列と違って、4列。しかも、職名が二つで、名前は二つ。ちょっと検索かけて台湾蒸機の昔の写真を見ると、たしかにこの「区名札なし、乗務員札あり」でした。蒸機の構造や動かし方いまだにまったくわかりませんが、文科系鉄歴史薀蓄学科としては、ウンウン、なるほど、と日台の微妙な相違に、激しく納得したのでした。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

今回、1週間違いで、現地にて共同作戦が出来なくて、残念でした。

しかし、事前情報を教えて頂きありがとうございました!

初めて、黄先生の孫娘を見ましたが、なかなか可愛い女性ですね。(笑)

機会があれば、台湾で共同作戦を行いたいです。

あっ、その前に9月23日の大阪城ホールですね。(笑)
今回の前売りでは、アリーナ中央5列あたりの席です。(爆)

Re:CT273

somtamさん
こちらこそ、ありがとうございます。感謝です。
先遣隊のおかげで、黄先生の追っかけ判断も冴えていました!
大阪城ホール、私もチケット確保しています。
が、祝日の夕方で、その後一杯、とならないのが残念です。
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR