C56代走?! スチーム号

150611umekojiC56160-1.jpg
ここ最近、実家の所用で京都を往復しています。いつも滞在数時間、せいぜい半日ですが、そこは一応、カメラを持って。行きの新幹線で、ネットでニーナを始めゼロロクの運用確認をしたうえで、時間があったら梅小路へ。京都鉄道博物館への搬入車両の様子でも、と赴いた、「梅小路」の名を冠するのはあとわずかの我が鉄の産湯の金だらい(笑)では、何とシゴロク牽引スチーム号という、珍しいシーンに出くわしました。

言ってみれば、これもひとつの「代走」ですね。D51200は動態復帰に向けて修繕中、C61はボイラがサッパ入り、ハチロクは分解検査、となると、構内運転用のカマはC622号しかなく、それがまた検査となると、本線運転用のシゴロクしかいない、というわけです。しかし、初めて見たなあ、C56スチーム号。こうなったら、シゴナナスチーム号も見たいぐらいです(爆)

そういえば、京都鉄道博物館では、蒸機の展示運転はどうなるのでしょうか。たしかまだ何も発表はされていませんね。一時、58イゴマルや65の1号機が留置されていた線群には、オレンジの103系の姿が今なおありました。弁天町のC6226号機も、いよいよ囲いがされて、移送準備が本格化しているようです。発展的解消とはいえ、「梅小路」の名はあとわずか、最後の日々に、さりげなく付き合いたいと思っています。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

適役

スチーム号はC56が適役ですね。
C61、C62ではデカ過ぎでしょう(笑)

RE:C56スチーム号

枯れ鉄さん
たしかに。
B20では小さすぎるし、
現状の動態機では、C56ですね!
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR