上野地下ホームは今

150614ueno-snap1.jpg
田町や有楽町で40年前のスカ色の思い出に浸った翌日の日曜日(6/14)、舞台を上野駅に移して、大学入学、上京当初の思い出巡りが続きました。前日に仙台から回送されてきた485系A1A2編成が、団臨「上野駅長号」として、「あいづ」の絵入りトレインマークを掲げて、上野駅の地下ホームから出発です。首都圏の予報は雨のち曇りということもあって、ここは地下ホーム思い出スナップが得策、と判断しました。

485系「あいづ」の運転開始は43・10改正ですから、70~80年代には他の東北特急と伍して、すでに上野駅の華となっていたのでしょう。行き止まりのホームに重い荷物を持って掃き出される人々の姿や、現在の10倍、いやもっと吊り下がっていた乗車位置案内板、荷物を運ぶ赤い台車のガラガラという音が、ひとつひとつ、トレインマークの向こうから、浮かび上がって来るようです。

すでに沿線に散ってしまったのか、行き止まりスペースに集まる鉄の姿もそう多くはなく、がらんとした隣の13番線の雰囲気も相まって、つかの間の時間旅行をしみじみと楽しむことができました。JR社員の皆さんが横断幕を持って記念撮影する、何だかいいなあ、という時間が過ぎて、タイフォン一声、東日本最後のこのツートンの485系が出ていくと、上野地下ホームには、東京上野ライン開業後の、いつもの静寂が戻りました。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR