さらば、ギラリとC61の季節

150523maoroshi9233-3.jpg
西新発田から一般道で40分ほど、いつもの追っかけで到着するのとほぼ同じ時刻に、馬下に到着しました。う~ん、やっぱり、光が弱くなってきたなあ。これでは、先週の写真のわずかな動体ブレを修正するだけに終わってしまいそうですが、次週、C61の最終週末の訪問はできそうになく、今週、今月今夕、ギラリの仕上げをせねばなりません。

10分のダイヤの差はやはり大きく、どうやら信号機の前後が最も光っているようです。ああ、だから去年までと違って、みんな手前に構えているのか……そう思いましたが、ここは生来のアマノジャク鉄、ギラリ度が若干落ちるのを承知で、やはり、例年と同じ位置でシャッター、といきます。広角より望遠、というのも、ここまできたら、押し通しましょう(笑)

この日、大阪から撮影に訪れていた、畏友・恐怖の晴れ男の念力がほんの少し効いたのか、背後の踏切が鳴り出してから、先週比120~140パーセント程度に、夕陽の光量が増加しました。うん、今年はこれで打ち止めといたしましょう。何だかこの色、「LIGHT PACIFIC 70」の山之口の写真みたいで、けっこういいなあ。あとは新潟へ戻って新幹線でビール、といきたいところですが、この日は、フィナーレの後のエピローグが、まだ残っていたのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR