森を見て、山を見ず

150504darjilin-batasia1.jpg
「木を見て、森を見ず」とは、細部にこだわり全体が見えないことを戒める、古くからの格言ですが、今回のダージリン、まさしく「森を見て、山は見ず」…森はさんざん見て撮ったのですが、カンチェンジュンガなど遠景の山は、前回の冬と違って、ほとんど見えないという結果に終わりました。

それでも、ダージリンへの最終コーナーに位置するバタシア・ループは、やはり超一級の撮影地で、山は見えなくとも、遠景にダージリンの街並みを配した、新たなカットに挑戦することができました。しかし、この高山地帯の傾斜地に、よくぞこんな街並みができたよなあ。山が見えないと、やはり観光客の姿も少ないのか、画面への乱入(笑)は冬よりずっと少なく、撮影もラクというか、ちょっと物足りないというか(爆)

しかし、山が見える時期は日暮れが早い。日照が長くなると、山が見えない。だから、両方の時期に行くしかないよね(苦笑)と、昨夜の飲み会では、早速、年末のスケジュールが語られていました。とまあ、先のことは先として、幸い、晴れ間も出てきました。ダージリンらしい街の遠景を入れ込んだカットに、チャレンジを続けましょう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR