ティーブレイク~松野

150508kitakata-yamato-shi92.jpg
さて、ダージリンのチャーター列車が森へ森へと標高を稼いでいく前に、しばしティーブレイクとまいりましょう。5/8に実施された磐西C61、4度目の試運転は、好天ながらも風に悩まされる展開になり、客車に煙がかからなかったのは、復路の松野踏切のこの1枚が初めてでした。しかし、時移り、写真の嗜好も移ります。現役蒸機の時代は、煙が前に倒れると、むしろカッコいいと思ったよなあ。あ、それ、自分がガキだっただけか(笑)

それにしても、試運転初日の賑わいが嘘のような、人出の少なさでした。GW直後の微妙なカレンダーということがあるのでしょうが、C61の走りもすっかり落ち着いてきて、ハドソンの雄姿が磐西の景色にどことなく溶け込んできたようです。超VIPだった時代に比べると、すっかり肩の力を抜いてリラックスされた様子のMさんとも、近くで三脚を並べました。同じ梅小路で鉄の産湯を使ったどうし、それでも目立たずに細やかな気遣いをされるのは、たいしたものだなあと思います。

そして、帰りの新幹線を自由席にして、万難を排して後部座席の鉄人騎士さんのつぶやきに応えようとした、夕刻の馬下劇場(©senrobataさん)でしたが、鹿瀬撮影時からあえなく曇ってしまい、リベンジはお預けとなりました。どうやら今のところ、カーテンコールに夕陽が答えてくれたのは、5/5の一度だけのようです。来週、再来週と、ギラリ最高潮を迎える時期にさしかかり、リベンジ成就か否か、予報にやきもきする日々が続きそうです。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

劇場

 そうかやっぱり5/5のステージは、例え混んでいようと立ち見であろうと、見るべきだったのですね。これから先、仮に晴れたとしても日没時刻が繰り下がれば、オレンジ色も薄くなるでしょうし・・・・。

嗚呼、今ごろ悔やんでもね~。(と反省)

RE:5/5

senrobataさん
いやいや、日出谷劇場も素晴らしかったではありませんか!
今週末はまだ馬下劇場、光線的にはイケると思いますが、
水鏡は終わってるのでは、、(去年のブログ参照…(笑)
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR