バザールを縫って

150503siliguli-market1.jpg
3日間のチャーターのうち、最初の2日は、麓のシリグリからのスタートでした。深夜特急みたいな長編成客車列車が行きかうニュージャルパイグリ国鉄駅の傍らから発車し、広軌の国鉄線を昔の西宮北口を斜めにしたような形で(笑)クロスしたら、次はバザールの開かれている街はずれの一角を通過します。

いわば路面蒸機、やっぱりアジアのカマは、これだよなあ。ここシリグリでは、台湾の虎尾ほど、線路敷地内が仮置きの自転車やバイクで占有されてはいませんでしたが、それでも、しょっちゅうカン高い汽笛を鳴らしながら、バザールの露店を縫って走っていく姿は、なかなかやはり衝撃的なシーンです。

言葉がわからないので想像ですが、定期列車の通過時間じゃない時にいきなりやってきたカマに、バザールの人々は、我々のほうを見やりながら、「日本人の鉄かよ~、熱心なこった」などと、けっこうこちらに顔を向けているのでしょうか(?!)手を出す勇気はありませんでしたが、美味しそうなスナックやちょっとした料理が、あちこちの露店に並んでいました。カレーっぽい匂いに混じって、さすが紅茶の一大産地、紅茶のいい香りも、ときおり漂ってきます。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

いいなぁ

磐西ではお疲れさまでした。

お~ぉ、ダージリンいいですね!

88年に迷コンビの山○くんと行った時は、個人旅行だったので情報もなく、
崖崩れで動いていないのが分かったのは、「白タク」の車窓から錆びたレールを見た時でした…
確か、その年から3年ほど不通でした。
いつかはリベンジに行かないと!

こうやって撮ると、「氷河急行」のようなハイカラな客車が付いていても大丈夫ですね。

左端に「コカコーラ」の看板が写っていますが、現地でも売っているのでしょうか?
当時は「Coca-Cola」と同じような、赤地に白文字ロゴの「Campa-Cola」というのしかありませんでした(笑)。

Re:ダージリン

03 1010さん
磐西お疲れさまでした!
ダージリンは何とか全線開通し、
所定の本数が動いていました。
先達のご苦労あっての、今の撮影状況かと思います。
近々、そのあたりをテーマに一席、飲りましょう。

コカコーラは現地でも売ってました。
ミリンダがあったのは、衝撃でした(笑)
プロフィール

品川530

Author:品川530
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR